『記事一覧』 『旅に便利サ』
当ブログには広告を含みます。記事は経時により変化し、料金、休日、時間、内容が変わったり違うことがあります。



アマゾン(Amazon)でみる

楽天市場

小樽『住吉神社』2回目。御朱印(2種類目)もいただきました。 美しい生花の手水を堪能する、「初日」。

小樽の住吉神社は、2回目。 水に生花の浮かんだ花手水が美しい。

JR南小樽駅から徒歩8分の駅チカ好立地。
(マンション?みたいな書き方。 大人女子不動産へようこそ(笑))

JR南小樽駅を出ると、目の前にある駐車場の右側の階段を上り、右折して真っすぐ歩くと到着。

 

そうして見えてくる住吉神社の鳥居。


建国記念の日の石碑も立っています。


と、いうことで、小樽の住吉神社、2回目の参拝に行ってきました。
先日、小樽で、初めての『住吉神社』の美しすぎる生花の手水に感動した私。

(コチラの記事。『小樽総鎮守 住吉神社』 美しすぎる「花手水」(生花)、鮮やかな朱色の「千本鳥居」、「せたけ石」で身長測れる、御朱印は数種類、海見える絶景。最後に、お蕎麦。

これが、本当に、美し過ぎました。

 

ほんと、天国かと思った。(笑)

御祭神は、
底筒男神(そこつつのおのかみ)
中筒男神(なかつつのおのかみ)
表筒男神(うわつつのおのかみ)
息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)

小樽の住吉神社はJRの「南小樽駅」から徒歩8分ですが、
その「南小樽駅」にも、JR快速エアポートで札幌駅からは30分、新千歳空港駅からも直通で1時間11分で着くので、とても交通の便がよく、行きやすいです。

で、また、その小樽の住吉神社に行って、御朱印いただいてきました。(2回目)

これがノーマル? 住吉神社の赤い鳥居に、海の波がデザインされている粋な御朱印。

実は住吉神社の御朱印には、何種類かあって、現実世界でもなかなかの商売上手。
(さすが商売繁盛もお願いできる神社。)

住吉神社のホームページによると『当社では安産祈願、初宮詣、七五三詣、病気平癒、厄年祓、年祝祈祷、家内安全、交通安全(車清祓)、商売繁盛、神前結婚式、誕生日祓、年内安全祈願など皆様のご依頼に応じまして、様々なご祈祷をご奉仕しております。 また、地鎮祭、上棟式、竣工式、新宅祓、解体祓、神棚清祓、開店清祓などの出張祭典などもご相談に応じておりますので、お問い合わせください。』とのこと。

 今回いただいた御朱印は、普通?の御朱印で、500円。 ↑ でしたが、

前回にいただいた御朱印は、花手水の御朱印で、1000円。↓  

 ↑ この写真では伝わりませんが、大きさが少し大きめの御朱印です。
(さすが1000円。(笑))
さらに、この花手水の御朱印は、絵柄を変えて3種類あり、
今回いただいた普通の御朱印のほかにも、最近までオリオン座の星座のついた御朱印があって(令和5年8月11日に行ったら、星座の御朱印はないとのことでした)、さらにこの星座の御朱印は、札幌にある『月寒神社』と、『星置神社』とコラボ? 連携して、三種類集められるようになっていました。

いや、もう、本当に次々と欲しくなる仕組みがあり、勉強になります。
(商売繁盛)

ちなみに『月寒神社』は月、『星置神社』は星、そして『住吉神社』は、海の航海の道しるべとなるオリオン座。

小樽は目の前が海の港町で、神社も海の神様や水の神様をお祭りしていますが、
前に小樽で行った『水天宮』水の女神様でした。


住吉神社の本殿でお参りをして振り返ると、まっすぐに海に続いているのが見えます。
これがいつも、神様がご覧になっている風景なのだと思います。


また、「えぞみくじ」という北海道弁で書かれたおみくじがあったり、
(小樽はニシン漁で栄えたところ、ということで、かわいいニシンのマスコットの中におみくじが入っているという、おみくじ)

水に浮かべると、占いの文字が浮き上がってくるという「水みくじ」などがあって、社務所の前に、水みくじのためのお水が、キレイな器に入れられて涼し気に置かれていて、私の前に、社務所に入って買っていた女性二人が、楽しそうに水に浮かべていました。
(イベントとしても盛り上がるので、「水みくじ、ひいたよね」みたいな、よい思い出になりそうでした。)

で、今回の花手水。

令和5年8月の花手水は、
第7回 令和5年8月2日(水)より8月11日(金)まで
第8回 令和5年8月14日(月)より8月23日(水)まで、
だったのですが、
行ったのが、8月11日で、第7回開催の最終日。

バラでハート型が作られていて、キレイでした。
キレイでしたが、以前に行ったときより、お花が少ない。

 

これ、お花を習ったことがある方の、あるあるで、
お花を一度活けると、時間経過とともに、しおれたり、傷んでくるお花がでてくるので、傷んでしまったお花を取って、活け直しをしていきます。
なので後半は、お花が少なくなってコンパクトにまとまっていくことが多い。
それがまた、すっきりと粋で素敵だったりするのですが、
もし沢山のお花がある花手水を見たい方は、花手水を活ける初日に行くようにすると、いきがよく、豪華な花手水が見られるかもしれません。

というわけで、今回の住吉神社の花手水。2回目でもやっぱりキレイでした。

さて、今回の参拝記念ランチは、南小樽駅ちかくにある、人気のお店。
とても素敵でした。

いや~、すごく美味しかった。
美味しいだけでなく、インテリアや器にも凝っていて非常に素敵なところでした。

その記事、長くなったので、次回に続きます!