『記事一覧』 『旅に便利サ』
当ブログには広告を含みます。記事は経時により変化し、料金、休日、時間、内容が変わったり違うことがあります。



アマゾン(Amazon)でみる

楽天市場

旅行ガイドブック選びに迷ったら、『ことりっぷ』。 読むだけで楽しい! 初心者にも分かりやすく、旅の楽しみ方を教えてくれる。



 旅行といえば、「連れて行ってもらうもの」だった私。

いつも家族や友達、誰かが、旅行をプロデュース。
計画から何から、全てしてもらったものに乗っかり、
「上げ膳、据え膳」、夢の世界へひとっ飛び。

でも最近は、ユーチューブのショート動画などでも、素敵なホテルや、美味しい食事、様々なサービスを知ることが出来るようになり、

「ここ、良いんじゃないかな?」と提案して行ってみたら、

思いのほか好評で、喜ばれ、
え? そんなに喜んでもらえるの? と、嬉しくなり、
また、自分で調べて行ったら、自分の好きなサービスを受けられたり、自分のこだわりたいところで、それが叶う、
やっぱり自分でプロデュースしたら、面白い!(自分が。(笑))

それに、一緒に行った人たちにも好評! と気づいて、
(完全に、周りにノセられてる説。(笑))
けっこう調べるようになりました。

現地のガイドブックを一冊、読んで行くと、ココは、こういう貴重なところなんだ、と知ることが出来て、見方も楽しみも変わります。

 さて、そんなふうに、旅に目覚めた私ですが、
最初はホント、分からなかった。

ネットで、目をグルグル回しながら調べていた私に、
「ガイドブック買ったら?」とアドバイスしてくれた、旅のパイセン(先輩)、主人。(笑)

でも、実際に本屋さんに行ってみると…、

旅やお出かけのガイドブック、あり過ぎ。

何冊も種類があって、どのガイドブックを買っていいか? が、分からない。

「旅のガイドブックの、ガイドブック」が、欲しい。(笑)

なので、やみ雲に一冊買ってみたりしたのですが、

そんな時、主人がプレゼントしてくれたのが、

「ことりっぷ」(co-Trip )という本。

これが、さすがパイセン!

「ことりっぷ とは?」で、調べてみると、

2008年創刊の女性向けガイドブックで、累計発行部数なんと1800万部越え。

創刊当初は、

『『ことりっぷ』は20~30代の働く女性に向け、週末2泊3日の小さな旅を提案したガイドブックです。旅好きな女性の声を反映、「大人かわいい表紙柄」「平均150グラム(国内版)の<小さくて軽い>ガイドブック」として「女性にほんとうにおすすめの情報を厳選」しております。コンセプトは「等身大の旅」。現地を<おさんぽ>するように無理なく楽しむ旅を提案しています。』

とのことでしたが、

それから15周年を迎え、今のことりっぷのホームページには、
『旅好きな女性を中心に世代を超えて愛されるメディア』と書かれていました。

(20代じゃない私でも、読めるっ!(笑))

 読むと分かるのですが、この本が教えてくれるのは、「旅の楽しみ方」。
そこに着いたら、何をしたいのか? 何があるのか? という、
考え方から、ガイドしてくれる。

初心者が、一歩を踏み出して、少しずつ山を登るように、
ゆっくりと歩調を合わせて教えてくれる感じ。

いきなり、情報ですドーン!と、多量の情報を流されると、
目が泳いでしまいそうになる初心者にも、
(私。(笑))

「そこに行ったら、何をしたい?」と、語りかけ、
「例えば、こんなこともあるよ、こんなこともあるよ…」と、きちんとリストをあげて提案してくれて、

「私だったら、こんなプランを立てるよ」と、ことりっぷの、おすすめのタイムスケジュールで、具体的な場所や、店名をあげて、
ここで食事をとって、ここでお店を見て…、というプランを見せてくれたりする。

自分でプランが立てられない!と思ったら、
そのとおりに行動してみても、いいのかも? なので、

旅の初心者の女子にも、素敵な旅ができそうな本。

いろいろな地方の「ことりっぷ」があり、表紙の写真も素敵で、見ているだけでも楽しいので、何冊も買って集めてワクワクする方も多いと思います。

何も考えずに、その場に行って、
現場を見て、そこでお店を見つけてアドリブしたり、
それが出来なかったときは、本のとおりのプランにのっかるという、
旅の計画初心者さんにも、充実旅行ができてしまうような安心感。

初心者で、旅のプランニングが全くできない時、また、まず家で頭の中で旅行を思い描くのにも、実際の旅行の前に、ことりっぷを読むところから第一歩を踏み出すのも、いいと思います。

 


『ことりっぷ 伊勢志摩』
https://amzn.to/3rZo50H

『ことりっぷ ホノルル (ことりっぷ海外版)』
https://amzn.to/457irYM