友歯科衛生士のブログ

歯を残すためのブログ



ブログの情報、方法が皆様個人(体質、症状等)に合うとは限りません。磨きすぎで歯ぐきが下がる等の弊害もあります。
歯科医院に通院し歯科医師直接の指導の元に行うことが必要です。

『初めまして』 『おすすめ』 『歯科』

別サイトにも書いてました。『友歯科衛生士の「長く、歯を残すためのサイト」』

NOSH公式サイト

サイエンス ミラブルzero

4. なぜ? 歯医者さんで「磨けてませんね」と、言われてしまう理由。 歯が磨ける方法。 歯磨きに最適な、歯ブラシ?

 歯ブラシによる歯磨きは、かなり丁寧に磨いても、
歯科医院で歯科衛生士さんに、
「磨けていません」とか「磨き残しがあります」と、言われることが多いように思います。

そう言われて、軽くショックを受けた方もいらっしゃるかもしれないのですが、

実は、
「磨いているつもりと、磨けている、のは違います」は、
ブラッシング指導では、けっこうよく使われる定番的なセリフ。(笑)

 もし、本気で磨いて、都度練習しても、 いつまでも「磨けていない」ということなら、 使う道具を見直すのもいいかもしれません。

そもそも、 多くの人が、磨けない方法で磨こうすることに、無理があるのかも。

 かなり昔に見た、テレビの番組で、「脳」の特集をしていたのですが、
『 例えば、幼い我が子が、「コップを落として、牛乳をこぼす」。
すると、お母さんは、思わず、 「落としたらダメでしょ!」と怒る。
(私も時々そんな母? 気持ちは、とてもよ~く分かります。(笑))
けれども、それを、冷静に、
「この小さな子供の手には、コップが大きすぎたのではないだろうか?」と、考える脳。』
それが大切だ、というお話でした。

 実は歯ブラシは、形状により、「歯磨きに最適な道具」とまでは言えない側面があります。
これは、「なぜ? 歯ブラシで歯が磨けなかったのか?」と考えてみると、分かりやすいのですが、
たとえば、普通?の歯の磨き方。 歯に歯ブラシを当て、



そこから手前に動かし、



 後ろに動かして磨きます。

 普通?にシャカシャカと磨くような、よくある歯の磨き方の動きですが、

今、磨けていたのが、青い線の部分だけだったことが分かりますか?

 歯ブラシが、歯に当たっているのは、青い線の部分だけです。

 これを、1本の歯に注目して見てみると、 歯ブラシを当てて、歯に当たっているのは、 ココだけ。(青い線のところだけ。)

 少なっ! という感じですが(笑)

赤い三角の部分には、歯ブラシが「全く当たっていない」ことが分かります。

(コチラの記事にも詳しく書いています。 
なぜ? 歯は磨けないのか? 歯の形をカンタンに一瞬で把握。 このことを理解しておくと、歯の磨き残しは、劇的に減る。』)

 歯ブラシは、毛束も多く、一度に多くの汚れを落とせるイメージがありますが、
毛先が直線に並んだ、普通の?歯ブラシを前後に大きく動かしてしまうと、
曲線の形をしている歯列や、歯の外側の表面の一部しか、なぞることが出来ず、
歯ブラシで磨けるところが、非常に狭い範囲に限定されます。

 ブラッシング指導では、よく「歯ブラシを細かく動かして下さい」と言われますが、 この理由は、このように大きく歯ブラシを動かすと、 歯ブラシの毛先が歯に当たる範囲(面積)が少ないため、
歯垢の落ちる範囲が歯の一部だけで、ほとんど落とせないで終わってしまう、
ということと、
歯ぐきや歯を大きく擦ることによって、 その一か所だけ限定で、かかる圧力が集するため、
かかる負担が大きく、
歯ぐきがすり減ったり、歯がすり減るなど、弊害が出やすく、
また、細かい部分(赤色の三角部分など)に毛先が届かず、歯垢が落ちない(磨けない)ことがあるからだと思います。

 

 さて、ではどんな磨き方をしたら良いのか?

まず、歯ブラシを「当てる」ことと、「動かす」ことを、別に考えていただくといいかと思います。

つい、歯ブラシの動きに、気持ちを奪われて、全体的に磨けているような気になりますが、 歯ブラシの動きを一度止めて、 どこに当たっているかを考えてみます。

例えば、これをちょっと角度をつけて、 今回は、歯と歯ぐきの境目に45度で刺すように当てるバス法で見てみると、こういう感じ。

実際に口の中でバス法をしてみると、こういう感じ。

 

まず、歯に「当てる」。
当たっているか?に注目して、当たっているようになれば、
あとは、その場で揺らすだけで歯垢は落ちます。

ただ、この磨き方は、歯ぐきに圧がかかり、歯ぐきが、すり減っていくようなことが考えられるので、 この状態で力を入れることは厳禁。 力を抜いて、歯ブラシの毛先の位置を移動させず、その場で揺らすといいと思います。
(実際に歯磨きの方法を実践されるときは、歯科医院で、歯科医師や歯科衛生士さんの直接の指導の元、行ってください。)

この方法は、歯ブラシに角度をつける、 ちょっと技術のいる歯磨き法になります。

実は、「歯ブラシ」は、歯磨きに最適、とまではいえない側面があり、
ただ、歯ブラシを適当に歯に当てる、だけでは磨ける範囲が限定されてしまうグッズ。

歯ブラシに角度をつけたり、歯に当たっているか?を意識して、
頭を使い、「汚れが落ちる使い方」をする必要があります。

でも、今、歯ブラシ以上に歯垢を落とせるグッズがないのが現状、という感じかもしれません。

 では、 次回は、「歯ブラシ」よりも、比較的、技術なしで、簡単に、 歯ブラシで磨きにくい所(赤い三角の部分)が磨ける方法を書いてみたいと思います。

 

次の記事。

 5. 歯磨きでの「磨き残し」は、「道具を選ぶこと」で磨けるようになります。 不器用さんでも大丈夫。 より確実に歯をみがける方法。 』

☆ 6. ブラッシング指導。 磨き残しを回避する歯磨き法。 ワンタフトブラシを使った「スウェーデン式歯みがき」。