とも主婦の、健康研究ブログ。(友歯科衛生士)

理論派? ずっと自分の歯で食べられる生活。

初めましての方は、こちらから。『初めまして。 友(とも)です。』ココから順番に記事を読んでいくと、分かりやすいです。

別サイト『友歯科衛生士の「長く、歯を残すためのサイト」』

 

 


※ブログの情報や磨き方等が皆様個人に合うとは限りません。歯ぐきの擦り減り等の弊害もあるので、安全のため必ず医師、歯科医師直接の指導の元に行ってください。

歯間ブラシと、フロスの比較。どちらを使ったら良いのか? メリットとデメリット

 歯間ブラシと、フロスは、どちらを使ったら良いのか?

とも歯科衛生士さんは、両方使っています。
正確には、全部の歯にフロスを使い、さらに、歯間ブラシを奥歯に使う、という感じです。

今回は、その理由、どのようにしたら歯周病から自分を守れるのか書いていきたいと思います。

 先日の記事でも書いたのですが、一生、歯を失わず食べていくために必要なのは、
歯周病から身を守ること。
そのためには、歯についている歯垢(プラーク)を落とす必要があり、
日頃の歯磨きがとても大切なのですが、

歯を磨いているのに、歯医者さんで「磨けてませんね」と言われてしまう理由、
なかなか磨けていなくて、歯磨きを「難しい」と感じる人が、多い理由は、
形の良く分からないものを、よく見えない状態で磨いているから。
という記事を先日書きました。
歯磨き、歯ブラシの当て方が下手、ウデを上げなくても、より多くの歯垢(プラーク)を落とせる方法。
また、その解決法。
歯を簡単に磨く方法は、歯ブラシだけでなく、「フロス、歯間ブラシ、ワンタフトブラシ」などの歯磨きグッズを、歯ブラシと併用して、使うこと。
歯ブラシだけで、細かい部分を磨くのは難しく、
歯ブラシには歯ブラシの、フロスにはフロスの、歯間ブラシには歯間ブラシの、ワンタフトブラシにはワンタフトブラシの、
それぞれに、磨ける部位、汚れが落としやすいところが、あるので、
歯ブラシ1本で磨くより、数種類使ったほうが、カンタンに短時間で汚れを落とせる、という記事だったのですが、

今回は、その歯ブラシと併用して使ったほうが良いグッズ。
まずは、フロスと歯間ブラシについて、比較、
とも歯科衛生士がココが大きいな、と思う、
メリットとデメリットを書いてみたいと思います。

 まず、「フロス」は、歯周病撃退、予防に、ものすごく効果のあるグッズだと思います。

以前の記事、『実は、ものスゴい! 「フロス」。 歯周病の治療と予防に、口臭に、歯ブラシに自信のない時にも、非常に効果的! 』にも書きましが、
正直、歯磨きグッズとして、別格。
歯周病の菌の巣窟、本陣のある歯周ポケットに、直接入る。
戦国時代でいうなら本陣に直接切り込み、大将撃ち取ったり!てきなスゴいことをやらかしちゃうグッズ。

それがフロスのイメージかもしれません。

f:id:hahasyufu:20211020231742p:plain

(歯と歯ぐきの境目から、歯ぐきの下(歯肉溝、歯周ポケット)にフロスが入り込んでいるのが分かりますか?
ただ、あまり深くに入れこむようなことは止めて、安全に使ってください)

 つまり、「フロス」のメリットは、その細さを活かして、歯肉溝(歯周ポケット)に直接、痛みなく入り込み、そこにある歯垢(プラーク)を直接ガッツリ除去できること。
これが歯周病の予防と治療に、とても効果的です。
また、歯肉溝(歯周ポケット)に痛みなく入ることができるのに、
ホルダー付きのものを使うと、比較的使い勝手も良く、カンタンに使えてしまうこと。

奥歯にもよいですが、前歯にはとくに、歯間ブラシ等よりもフロスを使うと、歯ぐき(歯間乳頭部)がとてもシャープに、キレイな形になる感じがして、歯科衛生士の私からみても、清潔感のある健康的な口元ができあがるイメージ。

 歯周病から体を守る、実質的な健康面にも効果的ですが、
見た目てきにも、美容面からも、とても清潔感のある美しい口元を演出できると思います。

そんなフロスのデメリット、
友歯科衛生士さんの思う、大きく気になるデメリットを書いてみると、
まず、隣接面にしか使えないこと、
(歯の全周に使えるのではなく、フロスの入るのが、隣接面だけ)
それと、「直線」であること。

フロスとは、このようなモノで、
つまりは糸なのですが、

f:id:hahasyufu:20211003210415j:plain

糸の左右を持って、ピンと張った状態で使う、という形なので、
つまり、フロス自体は「直線」。
例えば、フロスを入れて磨いても「歯にある凹み部分」などには入り込めず、そこが磨き残しになってしまいます。

奥歯は、根が、下顎なら2本、上顎なら3本あることが多いのですが、
その分、歯の根元には、分岐するための自然な凹みがあります。
フロスの直線は、出っ張ったところに当たると、そこだけを磨き、
凹み部分には入り込めずに、凹みに入り込んでいた汚れは、フロスでは取れない。

そのため、その凹みに食べかすなどが入り込んでいると、
一度フロスを使っても、フロスだけでは取れず、
フロスを使った後、歯間ブラシを使うと、その汚れや食べ残しが取れてくる、ということがよくあります。

ただ、アメリカ歯周病学会が「フロス オア ダイ」(フロスするか? 死ぬか?)というスローガンを掲げるほど、フロスは健康に効果のあるモノ、とされていて、
実際、
たとえ全周を磨けなくて、隣接面しかキレイにならなくても、
歯の凹みの部分が磨けなくても、
フロスを使用すると、歯周病予防、治療への効果は絶大。

歯ぐきが健康的に、美しいエッジのきいた形になり、
歯を磨くときには、とも歯科衛生士さんも、とても良いアイテムだと思います。
(こちらの記事。『実は、ものスゴい! 「フロス」。 歯周病の治療と予防に、口臭に、歯ブラシに自信のない時にも、非常に効果的!』)

 「歯磨き」するときには、なるべくキチンと全部をキレイにしたい、という思いになりますが、
意外にこの「部分的に落とす」ということが効果的で、
歯の汚れ全部を落とせないから、それを止めてしまうのではなく、
フロスで、一部分、
歯間ブラシで、一部分、
ワンタフトブラシで、一部分、
歯ブラシで、一部分、
というように磨いていくと、自宅でするケアとして、歯周病を予防、治療に、また口臭にも、とても効果的だと思います。

と、いうわけで、フロスは、デメリットもありますが、素晴らしい清掃道具だと思うのですが、

これに歯間ブラシを併用して使うと、
さらにフロスの直線では入り込めなかった凹み部分に、歯間ブラシの毛先が届き、とても効果的です。

ということで、「歯間ブラシ」のメリットは、歯と歯の間の細いところにも入り込め、
また、歯の凹み部分にも毛先が入り込むことで、フロスとはまた、別のところがみがけるところ。
歯の凹み部分には、歯垢や食べカスなどもたまるので、歯間ブラシで取れてくることも多いですし、
フロスや歯間ブラシを使うと、膿や血、ひどい口臭のする塊などが取れてきて、
これを残していたら、それは口が臭いだろうな、と思うことが多々あります。

歯間ブラシのデメリットは、フロスほど細くないので、歯肉溝(歯周ポケット)などの本当の狭い部分には入り込めないことと、歯と歯の間の隙間の狭い人には使えないこと。また、強すぎる当て方をすると、歯ぐきの形も変わってくる可能性もあるので、
私自身は、もう歯周病で、歯ぐきの形での歯間乳頭の尖りが無くなってしまっている方には前歯にも使いますが、
美しい歯間乳頭の形を残すため、まだキレイに歯ぐきの歯間乳頭の尖りが残っている方には、前歯部にはあまり使わず、奥歯だけに少し使っていたりします。

f:id:hahasyufu:20210814130912j:plain

(歯間乳頭とは、歯と歯の間の歯肉で三角状に尖っている部分)

f:id:hahasyufu:20210815082805j:plain

(ピンクの線でなぞると分かりやすいですが、歯と歯の間の歯ぐきが、山のように尖閣に尖っている。その尖りが歯間乳頭部です。

このキレイな三角の尖りを、前歯はとくに、キレイに残したいと思い、
前歯にはあまり使わず、奥歯に歯間ブラシを使うという感じです。)

 このフロスと歯間ブラシの組み合わせは、本当にお互いのメリットとデメリットを補い合っていると思うのですが、
フロスで磨けないところが、歯間ブラシで磨ける、
歯間ブラシで磨けないところが、フロスで磨ける、という感じ。

ということで、この記事の冒頭にも書いたのですが、
フロスと歯間ブラシ、どっち? というと、
とも歯科衛生士さんは、フロスと歯間ブラシを両方使っています。
正確には、全部の歯にフロスを使い、さらに、歯間ブラシを奥歯に使う、という感じです。

 ただ、歯科医院に勤めていると、凄くやりすぎてしまう方にお会いすることがあるのですが、
歯垢(プラーク)がきちんと落とせるように磨き、
でも、歯ぐきの擦り減りなどの弊害をおこさないように、自己流のやり過ぎには、注意が必要。
歯科医院で直接自分に合った使い方を習い、定期的にみてもらいながら、磨いていただけたらと思います。

(歯科医院に歯石をとって欲しい、定期的に診て欲しいと電話をかけて予約をとると、見ていただけます。)

 

 

☆ 歯科 カテゴリー記事一覧

 


クロスフィールド テペ ミニフロッサー 36本入



クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 大容量 単品 18個 (x 3)



オーラルケア フロアフロス 45m(使用説明記載新パッケージ) 白 1 個



テペ(TePe) アングル歯間ブラシ 6本入×2個セット オレンジ (0.45mm)



TePe(テペ) 歯間ブラシ 8本入 アソート



クロスフィールド テペ ミニフロッサー 36本入



【セット品】クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本 ×4個