癒され休日ブログ

人生を豊かに 運気上昇! 幸せになれるパワースポット、心癒される神社参拝

なぜ? 歯は磨けないのか? 歯の形をカンタンに一瞬で把握。 このことを理解しておくと、歯の磨き残しは、劇的に減る。

 以前の記事(歯科医院で「磨けてませんね」と言われる理由。 ポイントは「え? そこ?」(プロの常識は、非常識?) 「なぜ?歯が磨けていないと言われるのか?」)で書いた、「歯周病をなくす、歯磨き」のポイントの大前提。

歯周病を予防、治療する「歯磨き」って、「どこを磨く」のか?

その答えは、まさかのココ。 みたいな記事を書きました。
( ↑ 上の写真のピンクの線の部分についた歯垢を落とす。
「歯磨き」というと「歯」を磨くことをイメージするので、なにも聞いていない状況で、初めから「白い歯の面」ではなく「歯と歯茎の境目」にフォーカスして、ここの汚れを落とそう!と、このピンクの歯垢を落とそう、と思う方は、わずか

歯科衛生士さんからブラッシング指導を受ける前の段階で、一番最初に、このピンクのラインを磨き、ココの歯垢を落とすことが歯磨きなのだ、と、思っている人は少ない。)

歯周病を予防、治療するための、大人の年齢の歯磨きでは、「歯」つまり白い歯の全体」に目を向けて磨こうとするのではなく、
このピンクの線の部分に歯垢が残らないかを、ピンポイントで特に意識する。
という記事でした。(ただし、歯磨きで歯ぐきに弊害がでないように、歯科医院に行って直接、歯科医師や歯科衛生士さんに診てもらいながら磨き方を聞いて、指導の元に磨いてください。)

が、

実は、患者さんが歯の磨き残しをしてしまう理由は、このことだけではありません。

え? まだその先があったの?
というところですが、
あるんです。

もっと大きな問題は、歯は、意外に磨きづらい形をしていること。
これを知っていると、知らないとでは大違い、で、
磨けるか、磨けないかの差が、ここで出やすいかも。
歯周病を防ぐ歯磨きにも、虫歯予防の歯磨きにも、キレイな口の中を保つための歯磨きに、役に立つ知識。
今回は、それを解説してみたいと思います。

ということで今回は、歯が磨けるようになるため、「歯の形」の知識を、カンタンに、一瞬で?把握していただけるように書いてみます。

 例えば、よく見る普通?の歯磨きで、歯に歯ブラシを当て、

f:id:hahasyufu:20210816233908j:plain

 

そのまま歯ブラシを、後ろに動かし、

f:id:hahasyufu:20210816233938j:plain

 

手前に動かします。

よくある、歯ブラシを、前後にシャカシャカ動かして磨いている動かし方なのですが、

今の歯ブラシが当たって、歯の磨けていた部分は、
「青い線の部分だけ」だったことが、分かりますか?
f:id:hahasyufu:20210816234000j:plain

分かりやすく1本の歯で見てみると、
磨けているのは、ココだけ。
f:id:hahasyufu:20210816234045j:plain

青い線の部分だけ。
「赤い部分が、磨き残し」ということになります。

これ、中学校の数学で習った、この図です。
(むかし中学の数学の教科書で見た、懐かしすぎる、図形。)

f:id:hahasyufu:20210815204008p:plain
なんか、みたことのあるような、ないような図形ですが(笑)、
(似たような図形が多くて、ピンポイントで思い出せない? (笑))

『直線 ℓ が、円周上に接しているのは、「1点(P)」だけ』。
(つまり、磨けているのは、「1点(P)」だけ。)

どんなに円(歯)が大きくても、直線 ℓ (歯ブラシ)が長く(大きく)ても、
当たっているのは、1点の、点Pだけの範囲。

つまり、
「直線 ℓ を歯ブラシ」、
「円を歯」、と、当てはめて考えたとき、
直線(歯ブラシ)がどんなに大きくても、円(歯)に接する面(磨けるところ)は、
もはや1点のみ、というぐらい少ない。

f:id:hahasyufu:20210816234122j:plain

 実際には、歯は完全な円ではなく、丸みを帯びた形、というだけであり、
しかも立体なので、「球」をイメージした方が磨きやすいかも。
歯ブラシも、ただの直線ではなく、ブラシ。立体でもあり、「点」というよりは、もう少し広い範囲が磨けますが、

分かりやすくカンタンに抽象化して書くと、こんな感じのことが、歯磨きの時に、口の中で起こっています。
(だから、歯を磨いているつもりで、歯ブラシを歯に当ててシャカシャカ大きく動かして磨いていても、実際に、汚れが落ちているのは、当たっている1点だけ、というぐらいごく少ない範囲しか磨けていなかったりします。)

 さて、多くの人に、このことをお伝えしたいと思った場合、
皆様が歯磨きのために「歯の形」を理解するのに、カンタンなのは、「抽象化」。

抽象的思考とは、重要なポイントのみを抜き出し、不要な部分は切り捨てて、物事を把握する思考のことだそうですが、
物事の本質をとらえるには、
この抽象的思考で、「これはどういう事なのか?」と、大切なことだけを取り上げ、不要な部分を切り捨てて考えてみると分かりやすいと思います。

 ものスゴく真剣に、まじめに取り組むなら、
歯磨きの仕方を学ぶために、歯の一本一本の形について、正確に見て覚えていく、
そんな方法も、歯科医師や歯科衛生士になるには大切かもしれませんが、
とくに歯科で働く気もない場合、
正確におぼえる時間を手間を省き、究極、歯を磨くのに必要な形に抽象化してみるといいと思います。

ということで、私が勝手に考える、

歯磨きのために、把握すればいい、抽象化した「歯の形」は、
奥歯を一言でいうと、「球体」です。

(大胆すぎる、抽象化。(笑) 正解か?といわれると正しくはないと思いますが、
「患者さんは歯を磨いているつもりで、磨けていない」という歯科医院でのあるあるは、
つまりこういうことだと理解するには、分かりやすいと思います)

このイメージがあると、歯ブラシで今、どこか磨けているか?
そして、どこが磨けていないのか? の把握がしやすくなります。

(現実的に、歯が球体だというわけではなく、
「なぜ? 歯ブラシで歯が磨けないのか?」その理由にフォーカスして、重要なポイントのみを抜き出し、不要な部分は切り捨てて、物事を把握しようとすると、
その理由は、「人が思っているより、奥歯は球体の形にちかく、そのために歯ブラシが歯に接触して磨けている範囲が、とても小さいから」という意味です。)

歯を磨くときに、歯を、丸い球がいくつも並んでいる、数珠のような球体が、並んでいるイメージでとらえると、

なぜ? 磨き残しが多くでるのか? が、理解しやすいと思います。

 

f:id:hahasyufu:20210816234122j:plain
f:id:hahasyufu:20210816234000j:plain

 もし、磨くのが、鏡を使わないと見えない自分の歯ではなく、
誰かが手首に巻くような、パワーストーンや、数珠だったら、
その数珠の表面にびっしりついた歯垢(プラーク)を取ろうとするなら、

もし見えていれば、

歯ブラシを、球体の外側に真っすぐ当てて、前後にシャカシャカと動かすのではなく、
歯ブラシをちょっと傾けて、球体と球体の間にブラシの毛が届くように工夫すると思います。

歯磨きには、その工夫が必要だということです。

 歯磨きをするときに、歯が並んでいるのを、頭の中で、
ふわっと「歯のことを、球体がならんでいる」イメージでとらえ、
球体の並んでいるモノを磨いているのだという意識を持つと、
歯磨きをして歯の汚れを落とそうとするとき、
歯ブラシを当てて磨きながら、

「これでは、「歯と歯の間」の汚れが取れないな」とか、
(「球体と球体の間」)

「歯の根元まで、歯ブラシの毛先が当たっていない」
(球体の下の部分に歯ブラシの毛先が届いていない)
という、イメージが分かります。

歯磨きしていても、何となく、磨けていない気がする、
と感じる人は多いと思いますが、その感覚は間違いではなく、
歯ブラシの毛先の面の面積に対して、
歯ブラシの毛先が歯に当たっている面積は、非常に小さい。

f:id:hahasyufu:20210816234045j:plain

そこだけしか、毛先が当たっていない、
つまり磨けていないから、「磨けていない気がする」。

歯ブラシに角度をつけて入れ込むように磨いたり、

歯間ブラシや、ワンタフトブラシなど、小さい面積のブラシを使うことで、
どこかに先に当たってしまい、その奥に毛先が届かない、ということが無くなり、
隅々まで磨けるようにする、という方法もあります。

まずは、なぜ? 歯が磨けていない気がするのか?
という原因を、理解していただいて、その対策をした磨き方で磨くのが良いと思います。