とも主婦の、健康研究ブログ。(友歯科衛生士)

理論派? ずっと自分の歯で食べられる生活。

初めましての方は、こちらから。『初めまして。 友(とも)です。』ココから順番に記事を読んでいくと、分かりやすいです。

別サイト『友歯科衛生士の「長く、歯を残すためのサイト」』

 

 


※ブログの情報や磨き方等が皆様個人に合うとは限りません。歯ぐきの擦り減り等の弊害もあるので、安全のため必ず医師、歯科医師直接の指導の元に行ってください。

なぜ? 歯は磨けないのか? 歯の形をカンタンに一瞬で把握。 このことを理解しておくと、歯の磨き残しは、劇的に減る。

 自分では、キチンと磨いている歯磨きを、歯医者さんで見てもらうと、
「磨けていません」と言われてしまう、
実は、そういうことは、よくあります。

 でも、患者様の立場に立つと、
ちゃんと磨いている(つもりな)のに、
「磨けていない」とか、「(歯垢が残っているので)これでは歯周病になります」と言われると、

じゃ、どうすればいいの?

と、思ってしまうわけですが、

 歯をキレイに磨くためには、「歯の形」を理解していると良いかと思います。

このイメージがあると、
汚れがついて、落とせていないところが頭で理解でき、
落とせるようになる、という感じです。

ということで今回は、歯が磨けるようになるための「歯の形」の知識を、カンタンに、一瞬で?把握していただけるように書いてみたいと思います。

 例えば、歯は、このような形をしています。 そこに歯ブラシを当て、

f:id:hahasyufu:20210816233908j:plain

 

歯ブラシを、後ろに動かし、

f:id:hahasyufu:20210816233938j:plain

 

手前に動かします。

f:id:hahasyufu:20210816234000j:plain

 

よくある、歯に歯ブラシを当てて、
前後にシャカシャカ動かして磨く、
歯磨きの仕方の動きなのですが、

今の歯ブラシの動かし方で、歯の磨けていた部分は、
「青い線の部分だけ」だったことが、分かりますか?

分かりやすく1本の歯で見てみると、
歯ブラシを歯に当てて、磨けているのは青い線の部分だけ。
「赤い部分が、磨き残し」ということになります。

f:id:hahasyufu:20210816234045j:plain


 これ、中学校の数学で習った、この図と同じなのですが、
(むか~し中学の数学の教科書で見た、懐かしすぎる、図形。(笑)
たまたま、この図を子供の教科書で見かけて、「これは! 歯だ!!」と思った私は、
もはや、職業病だと思います。(笑))

f:id:hahasyufu:20210815204008p:plain
直線 ℓ が、円周上に接しているのは、「1点(P)」だけ。

つまり、
この直線 ℓ を歯ブラシ、
円を歯、と、
当てはめて考えたとき、
直線(歯ブラシ)がどんなに大きくても、歯に接する面(磨けるところ)は、
もはや面ではなく、点、というぐらい少ない。

f:id:hahasyufu:20210816234122j:plain

 実際には、歯は完全な円ではなく、丸みを帯びた形、というだけであり、
また、平面ではなく、立体で、
歯ブラシも、ただの直線ではなく、ブラシなので、
「点」というよりは、もう少し広い範囲が磨けるのですが、

こんな感じのことが、歯磨きの時に、口の中で起こっています。

 さて、皆様が歯磨きのために「歯の形」をカンタンに理解するのに、必要なのは、「抽象化」。

抽象的思考とは、重要なポイントのみを抜き出し、不要な部分は切り捨てて、物事を把握する思考のことだそうですが、
物事の本質をとらえるには、
この抽象的思考で、「これはどういう事なのか?」と、見抜く力が必要です。

 ものスゴく真剣に、まじめに取り組むなら、
歯磨きの仕方を学ぶために、歯の一本一本の形について、正確に見て覚えていく、
そんな方法も、歯科医師や歯科衛生士になるには必要かもしれませんが、
とくに歯科で働く気もない場合、
正確におぼえる時間を手間を省き、究極、歯を磨くのに必要な形を抽象化してみるといいと思います。
とも歯科衛生士さんが考える、

歯磨きのために、把握すればいい、抽象化した「歯の形」は、
奥歯を一言でいうと、「球体」です。

(大胆すぎる、抽象化。(笑))

このイメージが、あるかどうか?

(現実的に、歯が球体だというわけではなく、
「なぜ? 歯ブラシで歯が磨けないのか?」その理由にフォーカスして、重要なポイントのみを抜き出し、不要な部分は切り捨てて、物事を把握しようと考えてみると、
その理由は、「人が思っているより、奥歯は球体の形にちかく、そのために歯ブラシが当たりにくいから」という意味です。)

 かなり前ですが、手首に、数珠や、パワーストーンのような、
球体のものをつけるのが流行って、
女性の手首にも、男性の手首にも、よく見かけることがありました。

歯を磨くときに、歯を、パワーストーンの数珠のような球体が、並んでいるイメージでとらえると、

なぜ? 磨き残しが多くでるのか? が、理解できると思います。

 

f:id:hahasyufu:20210816234122j:plain

 

 もし、磨くのが、鏡を使わないと見えない自分の歯ではなく、
この数珠であったら、
この数珠の表面にびっしりついた歯垢(プラーク)を取ろうとするなら、

歯ブラシを、球体の外側に真っすぐ当てて、前後にシャカシャカと動かすのではなく、
歯ブラシをちょっと傾けて、球体と球体の間にブラシの毛が届くように工夫すると思います。

f:id:hahasyufu:20211016232331j:plain

歯磨きには、その工夫が必要だということです。

 歯磨きをするときに、歯が並んでいるのを、頭の中で、
「歯のことをふわっと球体がならんでいる」イメージでとらえ、
球体の並んでいるモノを磨いているのだという意識を持つと、
歯磨きをして歯の汚れを落とそうとするとき、
歯ブラシを当てて磨きながら、

「これでは、「歯と歯の間」の汚れが取れないな」とか、
(「球体と球体の間」)

「歯の根元まで、歯ブラシの毛先が当たっていない」
(球体の下の部分に歯ブラシの毛先が届いていない)
という、イメージが分かります。

 と、いうことで次回は、
その球体と球体の間を磨ける方法を考えてみたいと思います。

 

次の記事。『「磨いているつもり」は、なぜ? 起きるのか? 歯は磨けていないのか? まとめ。

 

☆ 歯科 カテゴリー記事一覧

 

 

歯磨きアイテム(アマゾン)



クロスフィールド テペ ミニフロッサー 36本入



クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 大容量 単品 18個 (x 3)



オーラルケア フロアフロス 45m(使用説明記載新パッケージ) 白 1 個



テペ(TePe) アングル歯間ブラシ 6本入×2個セット オレンジ (0.45mm)