ここから順に次の記事を読むと分かりやすいです『歯を残すための知識。 具体的に書くと、ほぼホラー。』

別サイト『とも歯科衛生士の「長く、歯を残すためのサイト」』

『歯科』   

※ブログの情報や磨き方等が皆様個人の体質に合うとは限りません。安全のため医師、歯科医師直接の指導の元に行うことが必要です。

歯科医院で「磨けてませんね」と言われる理由。 「なぜ?歯が磨けていないのか?」 を理解すると、歯は「磨ける」ようになる。(歯周病の治療、予防法)

 歯周病は、歯についた歯垢(細菌)によって、歯の周りの骨(歯槽骨)が溶かされて無くなっていくという病気で、
最終的に、歯の支えとなっている歯槽骨を失ってしまった歯が、
植わっていられなくなり、グラグラ動揺して、抜け落ちてしまう(抜歯)という悲しい結末を迎えます。
(もう少し正確に書くと、歯についた細菌が直接、歯槽骨溶かすのではなく、細菌が炎症を起こして、免疫反応が起き、白血球が活動することで、結果的に骨(歯槽骨)が溶ける(吸収される)のだそうですが、
ここはざっくり、歯に細菌がつくと骨が溶けるという結果になる、ということで書いています。)

f:id:hahasyufu:20211002095404p:plain
(上の絵の、一番右端の状態(重度歯周病)に注目すると、歯の根の周りにあった歯槽骨が無くなり、歯が抜けそうになっていることが分かります。)
(やっぱり載せてしまったこの絵。(笑) 『歯周病とは、どういう病気か? 歯周病といえば、この絵。』)

と、いうことで、今回は、
実際に、歯周病を防いだり、治療するときの方法を、書いてみたいと思います。

 歯周病の原因は、歯につく汚れ、歯垢(プラーク)の中にいる細菌です。

つまり歯垢(プラーク)が無くなれば、歯周病は予防でき、治療できる。
歯ぐきはみるみる、改善し、健康な状態になっていきます。

でも残念なことに、歯周病菌は抗生物質を飲んで駆逐できる、という菌ではなく、
一度生息したら、しつこく一生残り、歯がある限り、菌が増えれば歯周病を起こします。

ということで、歯周病の治療、予防法は、
意外にも? 「歯磨き」。
清掃して、菌を落とすことが一番の基本的で、有効な手段。

と、いうことで、歯科衛生士の大切な仕事は、

患者様に、歯垢(プラーク)の落とし方(歯の磨き方)をお伝えすることです。

 もちろん症状によって、汚れを取るための歯科医師の手術が入ることもありますが、
治療と予防の基本は、歯磨きなどで、歯垢(プラーク)をとること。
(歯科医院での機械的なクリーニングも大切です。)

普段の生活では、なるべく菌を減らすように、これを落とすように歯磨きすることが必要です。

ただ、毎日、「歯磨き」する人は多いですが、
歯科医院で歯科医師や歯科衛生士さんから、歯磨きの方法を習わない時点で、
歯周病を防げるようにまで、磨けている人は、意外にも少数派。

「毎日ちゃんと歯磨きしているのに、(歯科医院で)磨けていないと言われた」という人が、とても多い状態になるのですが、

その理由の多くは、多分、

「歯みがき」なのに、歯を磨くわけではないから。

たとえば、下の絵で、「歯を磨いてください」と言われたら、
多くの人は、白い歯の「顔のある部分」をキレイに磨こうとします。f:id:hahasyufu:20211002093017p:plain

 ↑ この絵でいうと、白い歯の「顔のある部分」をキレイに磨き上げ、
「歯を磨きました」と、いう感じです。

ところが、この中で最も歯周病菌(プラーク)が溜まりやすく、落ちにくいところは、絵の中の「黄色い丸の部分」。

これがまた、ピンポイントで、歯周病菌が侵入していく、歯と歯ぐきの境目。
ここに歯周病菌を置いておくと、
歯周病菌に、「さあ、歯槽骨を溶かしに、お行きなさい」と言っているような感じの場所なのですが、

ここの汚れは、意識してココを磨こうとしないと、なかなか取れないですし、
(つまり、「磨けてませんね」ということになりがち。)

歯科医院で歯磨き指導を受けたことがない人が、
歯磨きしましょう、と言われて、
いきなりこの黄色のマルの部分から磨き始められる人は、かなりの少数派、マレな存在の方だと思います。

この黄色のマルの部分もそうですが、

歯周病を治療、予防するために、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が、
常に見るのは、
歯の表面というより、歯と歯ぐきの境目。
下の写真で見ると、ピンクの線の部分。
ココに、多くの歯科医師や歯科衛生士の視線が集中します。

f:id:hahasyufu:20210815082805j:plain

もはや「歯」ではないやんけ。
という声も聞こえてきそうですが(笑)、

つまり、ココから歯周病菌が侵入する、歯周病の入り口となる場所で、
ココの歯垢(プラーク)をキレイに落とすことで、歯周病は予防でき、治療にもなるという重要な場所になります。

ピンクの線の部分の汚れが残っていると、
いくらその上の白い歯の部分がキレイに磨けていたとしても、
「磨けてませんね」と言われます。

普通の人の感覚からすると、
「『歯磨き』っていうから、(白い部分の)『歯』を磨くものだと思ってましたが、歯ではないんですね」と、思われるとおもいますが、

まず、「どこを磨くのか」という「どこ」の部分の認識が、
歯科医師や歯科衛生士と、患者様との間でズレている。

その認識の違いから、「一生懸命、歯磨きしているのに、『磨けてませんね』と言われてしまう」
「磨いているつもりで、磨けていない」ということになりやすい、
ということもあるように思います。

確かに、虫歯を防ぐためには、「白い歯の部分」の汚れを落とすこともあるのですが、
大人の方はとく、「歯周病」が問題になることが非常に多いので、
まず、「歯磨き」で、「磨く場所」に共通の認識を持つ。
歯と歯ぐきの境目(ピンクの線の部分)の歯垢(プラーク)を落とす、ということを、意識すると良いと思います。

 

歯科 カテゴリーの記事一覧

 

☆ まだ下記の5つの記事を読まれていない方は、ぜひ順番にお読みください。 ↓ 
自己紹介の記事
1.『 初めまして。 友(とも)です。

から始まり、

2. 歯を残すための知識。 具体的に書くと、ほぼホラー。

3. 自分の歯垢(プラーク)を顕微鏡でのぞくと、活発に動いている細菌が見える。

4. 歯周病は恐ろしい病気なのか? そうでないのか?

5. 歯周病とは、どういう病気か? 歯周病といえば、この絵。