ここから順に次の記事を読むと分かりやすいです『歯を残すための知識。 具体的に書くと、ほぼホラー。』

別サイト『とも歯科衛生士の「長く、歯を残すためのサイト」』

『歯科』   

※ブログの情報や磨き方等が皆様個人の体質に合うとは限りません。安全のため医師、歯科医師直接の指導の元に行うことが必要です。

歯を残すための知識。 具体的に書くと、ほぼホラー。

f:id:hahasyufu:20210815082805j:plain

 一生、自分の歯を残すための知識。 歯を残す方法を具体的に書くと、

ポイントは、「菌」です。

 歯を失う原因の第一位「歯周病」の原因の菌は、目に見える所、手で取れる場所にあり、
それらを取り除けば、ほぼ確実に良くなってくる。
つまり、掃除で改善するのですが、

問題は、取り除けば良くなる、という時期を逃してしまうと、救えないこと。
(歯を支える骨が、歯を支え切れないところまで溶けてしまうと、抜けてしまう)

 こういう病気……、けっこう、珍しいかも、と思います。
(どうすれば防げるかが、明確に分かっている。
菌を取ろうと思ったら、現実的に取れる。)

体の病気の多くは、原因菌が、体の中にあって薬を飲んで対処したり、どうすれば防げるか、よく分からない場合も多いと思いますが、

歯周病の原因菌は、「歯の周り」に、お豆腐のカスがねばついたかのように白くついていていて、それを取れば歯周病は防げたり、改善するのが、目に見えてよく分かっています。

 とも歯科衛生士さんも子供の頃、「この歯に、くっついて増えていく白いもの、何だろうね?」と兄弟で話していた記憶があるのですが、

もし、今の友歯科衛生士さんが、タイムスリップして、その時に行けるなら、

「それは『歯垢(しこう)』といって、ばい菌のカタマリなのよ」と、笑顔で優しく教えてあげたい。(笑)

でも、その話の続きは、
「その歯垢をつけたまま、放置しておくと、『歯ぐきと歯の境目にあるスキ間』から、
歯垢の菌が入り込んで炎症を起こし、結果的に歯ぐきの下にある歯を支える骨を溶かして

歯を抜かせてしまうの」。

と、めちゃくちゃホラーな話になっていくので、

笑顔がアダになり、逆に恐怖を誘うかも。(笑)

 「歯と歯ぐきの境目のスキ間」とは、ココにあります。
(写真のピンクの線 ↓ )

この「歯と歯ぐきの境目にあるスキ間」から、「菌」が歯ぐきの中へ中へと、どんどん奥に入り込んでいきます。

f:id:hahasyufu:20210815082805j:plain

 ちなみにこの菌は、歯と歯ぐきの間から入り込んで、歯を抜かせる(歯周病)ようにするだけでなく、
心臓に運ばれ、心膜でこの菌が見つかったりするそうで、

今は、心筋梗塞、狭心症、心内膜炎などの心臓病、感染症を引き起こす、重大な感染の原因となったり、
脳梗塞、糖尿病、関節炎、腎炎、誤嚥性肺炎などを起こしたり、悪化させたりするのに関係していたり、と、全身の病気についても注意喚起されていて、

歯が抜ける、とか、口臭がひどい、というような口の中だけの問題にとどまらず、
全身の健康のためにも、歯垢を取ることが大切だと、
歯科医師に限らず、内科や外科の医師からも歯科医院に行くように勧められることが多くなりました。

 ものごとには「原因と結果」があり、

例えば「打撲」だと、ぶつけたことが原因で、体があざになったり痛んだりするわけですが、

最近、歯科医師に限らず、内科や外科、心臓がご専門の医師も
歯科受診や歯磨きを勧めてくださるのは、

今まで「歯や歯ぐきなどの歯科の病気」の原因菌だと思われていた「歯垢」が、
実は、心臓や、脳梗塞など、他のさまざまな臓器の病気に関係する存在だと分かってきたからだそうです。

 よく理科の実験で「菌の培養」ということが行われるのですが、
「菌の培養」は、「シャーレに寒天培地を入れて37度前後の温度を保ったところ」に菌を植え付けて、菌を増殖させますが、 
つまり、この「菌の増殖条件」を備えたその環境は、
まさに口の中そのもの。

口の中には、栄養があり、水分があり、常に細菌の増殖に最適な温度(37度前後)を保っている、という、
菌にとって最も増殖しやすい環境で、
悪玉菌も、多く増殖します。

さらに、歯の表面で培養される?細菌は、「好気性」で空気を好むものは、
歯冠(歯の、歯ぐきの上に出て、目に見えるいる部分)の表面について酸素を取り込み、
酸素を嫌う「嫌気性」の菌は、歯ぐきの中に潜り込んで、酸素を避けることができ、
そういう意味でも、どんな環境でも選び放題?なので、
増殖したい菌にとっては極楽。(笑)
シャーレで人工的に培養する環境よりもずっと、それぞれの菌が好きな環境を選び放題で選べます。

また菌は、増殖しながらコロニー(菌叢)を形成し、
集団のまとまりとして、お互い都合よく環境に適応していったりしますが、
歯ブラシの仕方を歯科医院で習ったことのない方だと、

そのコロニーが機械的に(歯ブラシや、歯科医院のクリーニングなどで)破壊されたり、一掃される、ということもなく、
増殖した菌が、ぬめぬめと菌叢(コロニー)を強固に形成していき、
粘ついた粘液(よく台所の三角コーナーなどにあるヌメリなど)で、自分たちの築いた菌叢(コロニー)を守りつつ、増殖して毒素を撒き散らして、
人の骨(歯槽骨)を溶かして、膿にしていくようなイメージですが、
この菌は、口の中だけにとどまらず、体にも侵入するので、
体に抵抗力のある若いうちは、まだ深刻な病気になるまで影響が少ないこともありますが、
徐々に年齢を重ねたり、抵抗力の少ない体の状態に、
さらに、
悪性の高い菌が多数、という口の中の状態になると、
その毒性に、体が抵抗しきれなくなり、蝕まれてしまう。

家の住環境でも衣服でも何でもそうですが、菌数を減らすこと、
清潔は、健康にとって大切なのだと思います。

 その菌を完全にとりきることはできなくても、
「菌数を少なくする」ということが非常に大切。

よく人の好感度で「清潔感のある人」ということが言われますが、
清潔感のある人とは、全く無菌である、ということではなく、
不潔な感じをさせるほど、多くの菌がいない状態。

つまり、菌数の少ない状態、ということです。

 もし、一生自分の歯を残して、自分の歯で噛みたい、と思ったら、
なるべく健康に過ごしたいと思ったら、

まず、歯を失う原因が、この菌の多さにあることを知っておくこと
(なぜ? 歯を磨かなければいけないか知っておくこと)で、
イザとなったら行動(歯磨き)しなければならない、と理解でき、かなり歯を失う確率は減っていくように思います。

 歯周病にならないために、歯科医師や歯科衛生士のしていることは、 

ほぼ、この菌を効率的に落とすということだけ。

自己流より、歯科医院などで歯磨きの方法を習った方が、圧倒的に多くの歯垢の量が落とせることがほとんどですし、
歯科医院でのクリーニングが効果を大きくします。

まず、このこと(「なぜ? 歯を磨いた方がいいか?」(健康のためです))を知っていただき、
次回も、またこの続きをもう少し書いて、
この特殊な歯の磨き方、実際のやり方などを書いていきたいと思います。

 

歯科 カテゴリーの記事一覧