友歯科衛生士のブログ

歯を残すためのブログ



ブログの情報、方法が皆様個人(体質、症状等)に合うとは限りません。磨きすぎで歯ぐきが下がる等の弊害もあります。
歯科医院に通院し歯科医師直接の指導の元に行うことが必要です。

『初めまして』 『おすすめ』 『歯科』

別サイトにも書いてました。『友歯科衛生士の「長く、歯を残すためのサイト」』

NOSH公式サイト

サイエンス ミラブルzero

歯科先進国スウェーデンの予防歯科。 日本では、個人で受けます。

f:id:hahasyufu:20200112100920j:plain

 

 1970年代から、国家プロジェクトで「予防歯科」を取り入れ、
高齢者になっても多くの歯を残すことに成功したスウェーデンは、歯科先進国と言われます。

つまり、税金を投入して、無料で歯科検診を受けられるようにしたり、
歯科に行くことを、国民に推奨し、
具体的に、いつ頃に行きなさい、というようなお知らせをすることで、
歯周病を重症化させないように徹底して、
多くの国民が、高齢になっても入れ歯ではなく、自分の歯で食べることが出来るように、なったわけですが、

日本では、この、「国家プロジェクト」として、歯周病を予防する予防歯科を導入する、
ということはしていません。

 「70歳」で、残っている歯の平均が、日本の16.5本に対し、スウェーデンでは21本。
という現実。
そんなに、スウェーデンで成功している前例があるなら、
日本でも、国家プロジェクトとして予防歯科を導入すればいいのではないか? とも思いますが、

それを実行しようとすると、
もしかしたら数十年後には、抜歯数が激減することで、
健康保険による支出が抑えられ、結果的には、税金をおさえられるのかもしれませんが、
それはあくまでも、数十年後の話で、
今から、税金を投入して、歯科プロジェクトを始めると、
初期投資の税金額がハンパではなく、現実的に実現が難しいのかもしれません。

 さて、国家プロジェクトが組まれていない以上、
「歯周病を予防し、将来高齢になっても、歯を失うことなく、
入れ歯や、インプラントを回避して、
一生、自分の歯で食べる。」
ということを実現するには、
個人で、「歯科医院に通う」しかありません。

 ただ、これは、難しい話ではなく、
「歯科医院に行く」ということさえできれば、
ちゃんと健康保険はききますし、個人で、それほど高額な請求を受ける訳でもない。
(日本では、保険証の割合が、人それぞれ違うので一律ではありませんが、個人の負担はだいたい1~3割負担で済みます。)

たいていの歯科医院では、「定期検診」をしてくれるので、
次にいつ歯科医院に行けばいいかも分かりやすく教えてもらえます。

そこで、歯や歯ぐきの健康チェックや、歯のクリーニング、歯石除去などもしてくれることが多いので、
(ちゃんとしてくれない、と感じる場合は、歯科医院をかえてもいいと思います。)
国家プロジェクトとして予防歯科が導入されていなくても、
個人で、歯周病から自分の身を守ることは
「歯科医院に行く」ということで簡単にできると思います。

 つまり、歯科先進国スウェーデンのようになるために、

 「なぜ? 日本では国家プロジェクトで歯周病を予防しないのだ!」と、
友歯科衛生士さんが実現に向けて、女性政治家に立候補しなくても、(笑)、

個人てきに、歯科医院に行っていただければ、解決します。
(多分、こちらの方が早い。(笑))

ただ、問題は、
痛くも痒くもないないのに、なぜ? 歯科医院に自ら進んで行かなければならないのか?
と思う方々も、いらっしゃること。

こう思う方々は、年々少なくなっている印象で、
知れば、そう思う方は激減すると思いますが、

歯科医院に行けば、将来、歯を抜かなくて済むと、知らなければ、
そう思ってしまうこともあるのかな、と思います。

では、なぜ? 歯科医院にいったほうがいいのか?を、
次の記事から、少し分かりやすく書いていこうと思います。

よろしければ、次の記事へお進みください。

次の記事 『歯を残すための知識。 具体的に書くと、ほぼホラー。