癒され休日ブログ

人生を豊かに 運気上昇! 幸せになれるパワースポット、心癒される神社参拝

2.『潮見が丘神社』色のコントラストが美しい印象的な神社。 小樽の神社めぐり一日で5社。公共のバス移動

 小樽駅そばの龍宮神社の次は、②『潮見が丘神社』(しおみがおかじんじゃ)に参拝。

前回『小樽、神社めぐり一日で5社。公共のバス移動でスムーズでした。①龍宮神社』で、一日に回った神社の5社、「①龍宮神社」の記事の続きです。

龍宮神社から徒歩4分の「小樽駅前バスターミナル」に戻ると、
そこからバスで約18分「若竹町」というバス停で下車し、徒歩2分で『潮見が丘神社』に着きます。
バスの本数も多くあり、ほとんど待たずに行動できました。

ちなみにこの日、公共のバス等で参拝した小樽にある神社5社は、
① 『龍宮神社
② 『潮見が丘神社
③ 『住吉神社
④ 『水天宮
⑤ 『小樽天狗山神社
(詳しくは前回記事に書いてます。)

と、いうことで今回は、②『潮見が丘神社』

この神社がまた、素敵でした。
朱色の柱に、白壁、茶色の屋根と、色のコントラストが美しい。境内の新緑に映えて、印象に残る神社です。

御神祭は、
保食神(うけもちのかみ)
八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)
天香語山神(あめのかごやまのかみ)
藤原三吉神(ふじわらのみよしのかみ)

御守護は、
保食神(うけもちのかみ)
農業、漁業発展、海上安全、子宝、安産。

八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)
商売繁盛、厄除け、病気平癒、芸能事発展。

天香語山神(あめのかごやまのかみ)
酒造発展、仕事運上昇、開運厄除け

藤原三吉神(ふじわらのみよしのかみ)
必勝、技芸発展。
とのことです。

「小樽で一番最初にお祭りが行われ、国指定の重要無形民俗文化財である「松前神楽」を継承」しているそうです。

写真には撮らなかったのですが、境内には「良い子のあそび場」という古い看板が残っていて、時刻が分かるように時計が設置してあり、
「昔?、田舎のあそび場って、神社が多かった」と、同行した友達が教えてくれました。

潮見が丘神社のすぐそばには、北海道道17号小樽港線(主要地方道)という車通りの多い、大きな道が通っているのですが、『潮見が丘神社』は一本中道に入っていて、とてものんびりした空気が流れて、いい田舎感。

社務所に人もいて、御朱印も直書きしていただけて、
私達が参拝した日も、氏子さんなのか数名の方が来ていらして、社務所というより、人の集まりやすい、集会所のような雰囲気があり、人の輪のある明るい雰囲気を感じる神社でした。

手水舎には、手を清め、口をすすぐように、やり方が書いています。

身を清めて、参道を進むと、暖かい日差しの中、
ベンチがあって、花が置いてあって、狛犬様が迎えてくださる、天国のような参道。

えーと、天国はキリスト教だから…、極楽浄土のような参道。
(行った記憶ないですが。(笑))


この世を去っても、こんな参道を通って、神様にお参りしたい。
本当にのどかで美しく、幸せを感じる参拝です。

 狛犬様が個性的でかわいい感じですが、強い氣を感じます。
(神社を守る狛犬様。)

疫病封じや、厄除祈願の旗が立っています。

天気が良い日だったので、空の青さ、暖かさも入って、素晴らしい景色でした。

神社では、自分のお願いごとをしないで、神様の幸せを祈ってくるといいと聞いたので、一応そんな感じでお参り。(笑)

社殿の横には社務所があり、神社の方がいらっしゃって御朱印を直書きで書いていただけました。
(16時までらしい)


カラフルで素敵な御朱印です。

御朱印の四方向にある「青龍 朱雀 玄武 百虎 」の四神の文字に、マンガ「陰陽師」のファンである友達の「テンションが上がる!(喜)」。(笑)

潮見が丘神社の御朱印帳。 白い北海道と、キレイなピンク色の桜の図柄が美しいです。

社務所の前は、空き地的なスペースがあって、まさに「良い子のあそび場」てきな雰囲気です。
その一角にある石碑。

石碑の下に説明書き?がありましたが、漢文でした。

帰る時間が分かる、時計も設置してありました。

色のコントラストが美しく、いつまでも印象に残る感じの神社。
大きな神社ではなくコンパクトなのに、旅を終えた今振り返っても、『潮見が丘神社』の映像が鮮明に浮かびます。
お参りさせていただけたことに感謝。

次は、すぐ近くにある「若竹町」のバス停から、4つめの停留所にある『小樽総鎮主 住吉神社』に、向かいます。

バス停に行くと、ちょうどあと2分でバスが来るところでした。
小樽のバスは、とても便利、まだまだ旅は続きます。

 

関連記事
この旅の始まり、前回記事はコチラ
☆ 小樽、神社めぐり一日で5社。公共のバス移動でスムーズでした。①龍宮神社

1.『龍宮神社』小樽、神社めぐり一日で5社。公共のバス移動でスムーズでした。 『龍宮神社』の、男子にはたまらない?カッコよさ「龍の御朱印帳」

 小樽(おたる)で、神社めぐりをしてきました。
公共のバスと徒歩で、1日に5社。神社は一社一社、しっかり写真撮影しながら、御朱印もいただき、ゆっくりと時間をかけて参拝したのですが、
(神社の参拝には時間をかけました、普通に?参拝すると、もっと早く回れます)
公共のバスを使った移動が、私の思っていたよりも、サクサクとスムーズに回れて、快適。充実した一日になりました。

参拝コースは、
2024年5月18(土)晴れて暖かく、おだやかでとても気持ちのよい天気の日、朝10時過ぎに小樽駅について、
① 小樽駅から徒歩4分の『龍宮神社』に参拝
② 小樽駅から11時5分発のバスで約18分「若竹町」というバス停で降り、徒歩2分『潮見が丘神社』に参拝
③ ②「若竹町」から乗車してバス停4つめ「住吉神社前」で降り、『住吉神社』に参拝。
④ 住吉神社から徒歩20分位で『水天宮』に行き参拝。
(坂が急なので、体力がいる。距離は近めでも急坂をゆっくり上り、25分ぐらいかかったかも)
⑤ 水天宮から徒歩で小樽駅に行き、その途中で洋食屋さんで昼食
⑥ 小樽駅からバスで17分(一時間に2,3本)で「天狗山」に行き、そこからロープウェイに乗って、『小樽天狗山神社

というコースで、一日で神社5社を巡り、御朱印をいただいて、最後に友達の行きつけの服屋さんで買い物をして帰ってきました。

分かったことは、小樽はバスが便利!
正直、たまたま行ったらバスが来るタイミングだった等、運も良かったのですが、本数も多く、奇跡のようにサクサク回れました。

時間的には、朝10時過ぎに小樽駅到着して、夕方5時半ぐらいにまた小樽駅に戻って旅を終えられた感じ。
(実際には、のんびりしすぎて17時7分発のバスが行ったばかりのタイミングでバス停に着いたので、「天狗山ロープウエイ」のバス停を17時37発に乗ることになり、18時前ぐらいに小樽駅に到着。その後、個人的に買い物して帰りました。)

神社は、どこも本当に素敵で、ゆっくり見ることができ、楽しい一日になりました。

と、いうことなのですが、5社分を一つの記事に全てまとめて書くと、もう記事が長すぎて、「読み終わる頃には、最初のほう忘れてる!」みたいなことになりそうなので(笑)、分かりやすく一社ごとに区切って、続き記事で書いていこうと思います。
 今回は、まず最初に行った1社目、『龍宮神社』。

北海道JR『小樽駅』を出ると、左手に「三角市場」へ続く階段が見えるので、そこを上って、そのまま真っすぐに道を進むと、4分ぐらいで到着。

知る人ぞ知るですが、ここは、とてもアクセスのよい場所にある名所。
駅近で、こんなに便利に参拝が許される神社が、かつてあっただろうか?
(いや、別に、普通にたくさんあります(笑))
(もっと駅近な神社も、多数あります(笑))

とても穏やかで暖かな天気。さらにこの暖かさが夕方まで続いて、空や海がキレイで、過ごしやすい快適な一日です。
(天気、大切)

「龍宮には、こんな神社があるのかもしれない」と思うような三角屋根の素敵な神社。
敷地は割とコンパクトですが、まとまりのある感じです。
写真向かって左手に、榎本武揚 公の像と、魚籃観音(ぎょらんかんのん)、記念樹など。
右手には御朱印やお守りなどがいただける授与所。

実は『龍宮神社』は2度目の参拝なので、詳しくは?前回記事にかいています。↓

友人と会った時に、「龍宮神社、良かったよ」という話をしたところ、
友人も「行きたい」ということになり、今回一緒の参拝となりました。

ご祭神は、
底津和田都美神(そこつわだつみのかみ)
中津和田都美神(なかつわだつみのかみ)
上津和田都美神(うわつわだつみのかみ)
豊受姫命(とようけひめのみこと)
大物主神(おおものぬしのかみ)
大毘古命(おおびこのみこと)
桓武天皇(かんむてんのう)

小樽は海に面した港町で、海や水の神様が多い感じですが、他にも五穀豊穣や疫病除け、学業成就、等々、いろいろな御守護がいただけるそうで、
この龍宮神社は、麻生太郎元総理が、参拝した数か月後、内閣総理大臣に任命され、立身出世のご利益でとても有名になりました。

たしかに癒されるような穏やかな神社の空間の中に、上り龍の勢い、活気を感じるような気がします。

今日も優しく迎えてくださる狛犬様。
ありがとうございます。

今日は何か特別の日だったのか?いつもなのか?良く分からないのですが、前回夕方近くに行った時は閉まっていた社殿のガラス戸が解放されていて、
なんと社殿の中で御抹茶(金粉入り)を800円でいただける。
(神聖すぎる喫茶店? ぜひお茶したいけれど、人の悪口は間違っても言えない。(バチがこわすぎる(笑))

 ↑ 掲示の文字、写真が小さくて読みづらいですが、
『お抹茶を社殿内にてお召し上がりください。金粉入りお抹茶(お菓子付)八〇〇円』と書いています。

社殿内でお抹茶をいただけるって、ちょっと驚き。
お抹茶を飲み終わった方に、お茶を振る舞ってくださっていた神社の女性が、
「お写真、おとりしましょうか?」と声をかけてくださっていました。
(至れり尽くせり)

 龍宮神社の御朱印帳、前回来た時に見て、カッコイイなと思っていて、今回購入。(2000円)
そして、さらに御朱印もいただいたのですが、すると嬉しい特典が。
まず、自分の名前を金色の文字で書いていただける、
(「お名前、書きますか?」と聞かれます)
その横に、黄金の龍神様が描かれる、
(スタンプ)
頂いた御朱印の大きさが、2倍。
(御朱印帳を購入した人の特典?  普通は1ページの大きさですが、見開きいっぱい2ページ分。)
(ちなみに前回いただいた1ページの大きさの御朱印はコチラの記事に載せています。『『龍宮神社』(小樽)強運!急上昇の龍神様。 龍のように勢いよく昇り、参拝1ヶ月後に内閣総理大臣に就任した麻生太郎氏。 素敵な御朱印。 小樽駅すぐそば。』)

年齢的に「落ち着き」を見せなければ、と思いながら、かなりウキウキ、嬉しさを隠せない。(笑)
(御朱印の初穂料は、お気持ちで。(自分の気持ちで金額決めてお渡しする))

龍宮神社の御朱印帳 ↓ 表
(男子が好きそうな絵柄。(笑))


表紙と背表紙が板になっていて、自然の木を使っているので、御朱印帳ごと木目が異なる。そんなところも魅力的だったりする。

後ろ ↓

表紙を開いて第一ページ目。
龍宮神社の紙で隠していますが、金色の文字で自分の名前を書いていただけます。
(やっぱり男子のツボにはまりそう (笑))

頂いた御朱印。 前回、記帳していただいたとき(他で買った御朱印帳を持参したとき)は、この半分の大きさの御朱印でした。

偶然ですが今回も、神主さんと巫女さんが奏でる雅楽を聞くことが出来ました。
2回目の参拝でしたが、社殿が青空に映えて、やっぱり素敵な神社だと思います。

 来た時に上がった、龍宮神社の階段を下りて、
そのまま真っすぐに見つめると、鳥居を越えてある、その先の、海。
神様が見守ってくださっていることを感じる、美しい景色です。

参拝させて頂けて幸せでした。

新さっぽろ駅『サンピアザ水族館』と、『青少年科学館のプラネタリウム』 アクセス抜群、お子さん連れプランにも。

 2024年ゴールデンウイークの最初のプランは、JRと地下鉄の「新さっぽろ駅」付近。実はココ、効率よくスポットが集中しています。

今回は、
① 信濃神社(新さっぽろ駅から徒歩16分)
② サンピアザ水族館(新さっぽろ駅)
③ 青少年科学館のプラネタリウム(新さっぽろ駅)
④ 居酒屋さん2軒はしご

というコースで楽しみました。

で、前回は「①信濃神社」の記事を書いたのですが、

今回は引き続き「②サンピアザ水族館」と、「③青少年科学館のプラネタリウム」の記事を書こうと思います。

ということで、新さっぽろ駅についたらすぐの「サンピアザ水族館」と、「青少年科学館」。位置関係は、ガチで、お隣どうし。それぞれ個々に楽しめる施設なのに、この近さは贅沢過ぎる。

ということで、まず「サンピアザ水族館」に入ってみると、
( ↓ サンピアザ水族館の入口(写真中央)。 左側に写っている白い建物は青少年科学館)

さすが北海道? サンピアザ水族館でふ化させたというサケの稚魚がお出迎えしてくれる。

と、そこから怒涛の魚の入った水槽ラッシュ。

実は写真に写していない水槽のほうが多いですが(もっともっと多くの水槽があり、いろいろな種類の魚が泳いでいます!)、どれも魅力的な魚ばかりで、
なんか一気に「水族館に来た!」と気分が盛り上がり、
「水族館、来て良かった!」という気持ちになりました。

水族館自体はそんなに広くないのですが、だからこそなのか、あまり隙間なく、間延びせずに、次々にいろいろな沢山の魚が見られる感じ。

海の生き物たちとの濃厚な時間が楽しいです。

 ↓ 写真だけだと可愛らしさが伝わらないかもしれませんが、
フウセンウオも、実際に見ると目がキョロキョロと絶え間なく動いていて、小さな風船のように体が膨らんでいて、可愛らしく、ユーモラスで癒される。

 ↓ こんな写真スポットも用意されています。

ちなみに、売店付近には、人が水槽の中に入ったように撮れる、写真スポットがありました。


 ↓ ゴマフアザラシもいて、人なつっこくそばに来てくれたりします。
昭和感ただよう壁画がたまりません。

エサやりの時間が書いていて、今回は、カワウソのエサやりタイムに水槽前に集まってみると、カワウソの生態、特徴など、飼育員さんが解説してくれ、
カワウソについてちょっと詳しくなれたり、名前を知って親しみが持てたりします。

飼育員さんの説明によると、カワウソは可愛らしい見かけでありながら、けっこう力もあり、飼育員さんの長靴をボロボロにしてしまうそうで、
水族館には、カワウソがボロボロにしてしまった長靴が展示されているそうです。


ゴールデンウイークだったこともあって、多くの子供達や、カップルなどのお客さんが集まっていました。

 売店には、人気者だという「チンアナゴ」の菜箸


写真には撮らなかったのですが、下に敷かれた砂からチンアナゴが半分ぐらい、ミミズが縦に垂直に伸びたような形で、体を出していて、ちょうど、この菜箸の上半分みたいな感じ ↑ 。
これを鍋に使うと、鍋から「チンアナゴ」が顔をだしている感じが、しなくもない。

そんな水族館で見た風景、思い出と共に、使える菜箸。
魚の形をしたぬいぐるみや、キーホルダーなど、思い出になりそうなグッズが売店にありました。

最後は、昭和レトロ感が印象に残る水族館の目印の看板 ↓

その下にある螺旋階段を下りて、外に出る。

広すぎず、子供達にも丁度良い大きさで、
でも、水槽がたくさん並んでいて、子供も大人も楽しめる水族館だと思います。
ベンチのような椅子も、何か所かあり、持ち込みして飲食も可のようです。

と、いうことで、水族館を堪能した後は、お隣、

『青少年科学館のプラネタリウム』。

今回は、青少年科学館の中の「プラネタリウム」しか見なかったのですが、
実は、青少年科学館は、「科学館」と「プラネタリウム」に分かれていて、
どちらかだけを見るチケットと、両方見ることもできるチケットが売られています。

「科学館」は、以前に行っていて、とても良かったのですが、今回は時間と、体力の都合でカット。
ただ、お子さんにも、とてもお勧めのスポットで楽しく勉強になります。プラネタリウムは騒げず、一時間じっとしていることが必要なので、逆に科学館の方が楽しく見られるかもしれません。

  「プラネタリウム」は、最近リニューアルしたのですが、
機械が新しいモノになっていて、映像が迫ってくる感じがして迫力がありました。

 会場を暗くするまでは、撮影OK。

 ↑ 投影内容の説明のあとに、会場が暗くなり、夜空の説明やプラネタリウムが始まります。
季節ごとに説明内容が変わるので、毎月押せるスタンプラリーがあり、押したスタンプの数によってプレゼントがある感じでした。

と、そんな素敵な一日の〆は、居酒屋さん。
新さっぽろ駅そばの、『港町酒場 もんきち商店』さんで乾杯。


正直、一軒目で酔っ払ってしまったので、
二軒目の『遠藤水産』さんは、この写真しかないっす。 ↓ (適当(笑))

楽しい一日でした。

 今回のコース、大人の私達にはなかなか良かったです。
お子さんには、科学館も楽しいと思います。プラネタリウムは基本静かにしていることが必要なのでお子さんや状況を見てプランを組むといいかもしれません。

『新さっぽろ駅』付近は、お子さんや、行く人の状況を考えて、いろいろなプランを組みやすく、楽しみやすい所。良い思い出を作りやすいと思います。