活舌が悪いときの病院は、何科にかかれば良いのか?  吃音、発音障害? 構音障害? 何を言っているのか不明瞭で聞き取りづらいとき。

 活舌が悪く、何を言っているのか、聞き取ってもらいづらい人はいます。

ただ、記事で見たのですが、昔は欠点だと思われていた、その言葉の不明瞭さ、聞き取りづらさを、
今は逆にウリにして活躍されているかたもけっこういらっしゃるのだそうです。

たしかに、テレビで活躍する方の中には、それも一つのウリにしてしまっているお笑い芸人の諸見里大介さんや、プロレスラー、スポーツ選手の方々もいて、
出てくると、みなさんチャーミングで面白い。

昔は欠点とされていたことが、個性になって売れるということもあるのだと思いました。

ユーチューブ動画
【プロレス】字幕必須!滑舌の悪いプロレスラーの対談【長州力、藤波辰爾、天龍源一郎】 


 さて、こんな個性も素敵ではあるのですが、
言葉が聞き取りづらい、活舌がわるかったり、発音や構音の悪さ、吃音などに悩んだり、治したいと思っている方もいらっしゃいます。
そういう時、どの病院に行けばいいのか?
何科にいけばいいのか?
という質問があるのですが、

まず、ネットで検索して、それを専門としていたり、診察すると書かれているところが近くにあれば、そこで診てもらうといいと思います。
発音は、歯科だけではなく、耳鼻科などの内科なども関係して総合して声を作っているので、歯科に限らず、医師で治療されている先生もいらっしゃいます。

もし、ネットなどで治療されている病院が見つけられなかったときは、大学病院の歯科で相談してみるといいと思います。
全ての大学病院に専門の先生がいらっしゃるかどうかは、分からないのですが、
よく紹介されるのは、大学病院の口腔外科。
まず、そこで口の中の状態をみていただいて、発音が上手くできない原因が何か? を特定していただく、ということが多いと思います。

 上手く発音できない、何を言っているのかとても聞きづらい方には、
まず、口の中の構造的に、舌の裏にある筋が付きすぎて、舌が上手く動かない等、
病院での処置がいることもありますし、
また、そういうことが全くなく、口の中の構造上は問題がないけれども、
舌の動きが少なくて発音が明確でない等、
ストレッチ的な舌の運動だったり、動きを円滑にすることで、発音を明瞭にする、
ということもあります。

なので病院では、まず、口の中の構造、状態をみて、それがあれば解決したり、
発音が上手くできない理由を特定し、
言語聴覚士さんなどと一緒に訓練していく形が多いようです。