医療の「情報の共有」は、伝言ゲーム。 間違って伝わりやすい。 自分で直接、確認すること。

 中学校の時、クラスで伝言ゲームをしました。

 クラスの席は、8列ぐらいで、各列6人ずつぐらい並んでいたように思います。
先生が、席の一番前の生徒達に、すべて同じ話をし、
(8列あったので、8人の子にすべて同じ話をし、)
それを、よーいドン、で、前の子が後ろの子にと順番に伝えていき、
最後6~7番目の子が、聞いた話を発表する。
というゲームでした。

すると、これが、見事に、
各列の最後の8人の言うことが、バラバラ。
(同じ話を伝言しているはずなのに。)

それが、もう、おかしくておかしくて、爆笑でした。

 最後、先生が、一番最初に伝えた話は、何だったのか、
答えを教えてくれるのですが、ほぼ、間違って伝わっていて、
何度かゲームをした中で、一度、
一列だけ奇跡的に、正しく伝わっていて、
逆に、正しく伝わっていたことが驚きで、記憶に残っています。

 今から考えると、先生はそうして、どんなに正しく伝えようとしても、
伝言していけば、人の話には主観が入り、
正しくは伝わらないことが多い、ということを教えてくださったのだと思います。

 人には、それぞれに潜在的に持っている「思い込み」があり、
心の中で、こうではないか?という色をつけて、話を聞いてしまう。
黒メガネをかけて、見れば、黒く映り、
青い眼鏡をかけてみれば、青く見えるように、
人から人へ伝言されていけば、その人数分だけの色がついてしまい、
伝わってきたことが、「本当に患者さんが思っていたこと、真意なのかどうか」は、疑問符が付きます。
短時間で一言だけでも、もう一度「自分で、直接患者さんに確かめる」、という自覚がなければ、正確には判断できません。

まず、「自分で直接見て聞いた情報なのか?、それとも、伝わって来た情報なのか?」という、認識を持ち、
常に、その(この情報は間違っているかもしれないという)自覚をもって、
真っすぐに、直接自分の目と耳でその人をみて、考えることが必要なのだと思いました。

 ということで、今日は、医療の「情報の共有」について。
医療には、スタッフ間で情報を共有するというシステム、「医療の、情報の共有」があります。
「一人の患者様について、全員が知っている」というスタンスは、悪くありませんが、
その正確性については、常に自分の中で疑問符をもっていることが大切だと思います。

 この情報の共有をなくすことは難しく、
初めから先生が直接、患者様を診るのではなくて、

まず、受付さんが、
「今日は、こういう主訴の患者様が予約に入られています」という情報を出し、
(伝言し、)
来られてから問診票を書いていただき、それをもとに、スタッフが、
「予診」を取ったりします。
(伝言し、)
伝言ゲームの短い患者様の場合も、この二つの伝言があって、
医師または、歯科衛生士がお会いすることになります。

「伝言ゲームは、なかなか正確には伝わらない」、ということを体験すると、
この二つの間だけでも、患者さんの真意が違ってしまうことは、よくあることだと思います。

また、言葉以外でも、
大変危険なのは、印象。

 例えば、スタッフの誰かが、
「あの患者さんは、うるさくて、細かいことが気になり、神経質で、文句を言う」と、感じたら、
それを「私が受けた印象だけなので」という大人の視点に立てる人は、わずか。
その気持ちを、スタッフ同士に流して共有してしまいます。

ただの印象が、伝言により、真実として伝わり、
また、こういう(悪い)情報こそ、全員に広がって伝わりやすい。
そして、スタッフ間の円滑なコミュニケーションのために同調しやすい。
(仲間が嘘をつくわけがない、という「味方意識」が、
伝わって来た(自分が直接見ても聞いてもいない)情報を、鵜呑みにさせる)

例えば、患者さんが文句を言った時、痛いといった時、
スタッフ全員が意識を共有して、「この患者さんは文句を言いやすい人、神経質な人」という気持ちで見てしまうのは、
本当に痛い場合にも、思い込みによる認識があり、誤診にもつながり、
「(本当だ、仲間のスタッフが言っていた通り)また、文句を言っている」などと思うと、ほぼ判断を誤り、危険だと思います。

 人にはいろいろな側面があり、
一人のスタッフの何かが気に入らなくて、患者様が悪い態度を取り、
他のスタッフに対しては、そうするつもりがなくても、
情報として流れる時は、
「自分の態度も悪かった」という(自分自身のマイナスになる情報の)部分は一切伝達されず、
患者様の神経質で悪い態度だけが伝わります。

病院のスタッフ同士の情報の共有は、
一切、直接言い訳できない(スタッフ間のように身内ではないので話すこともない)外部の人間に対する、悪口。
というふうになることも多いので、気を付けたほうがいいと思います。

よく、火災がひどくなった原因は、
防犯ベルが鳴っていたのに、「訓練だと思った」とか、「故障かと思った」というのがありますが、
警告を、警告として感じ取れなくなること。
(「調子が悪い」といっても、口うるさい人としか認識できなくなること)
その原因が、「情報」(による思い込み)ということもあるので、
そこを、いつも立てわけて考えられるように、気をつけておくのはとても大切なことだと思いました。

 スタッフ同士には、「この人が嘘をつくわけがない」という信頼関係があり、
そのため、流れてきた情報を鵜呑みしやすいのですが、
伝言ゲームは、どんなに正確に伝えようとしても、正しく伝わらない、
というのが、事実。

一人一人は真面目で、良い人で、誠実で、ウソをつく気がなく、正確に伝えようとしていても、
最初の伝言とは、全く違う話が流れる。
伝言とは、そういうもの。
なので、(信用できる)あの人の言うことだから信じる、というのが、
結果として間違いになりやすいと思います。

流れてきた情報を他のスタッフが鵜呑みにし、その情報だけを頼りに行動すると、
本当に痛みのある時、異常のある時に、気づけないかもしれません。

医療はチーム、という名目の元に、
チーム全員が手を組み、
チーム全員が同じ感情を共有したら、
全員が、一緒に真実から目をそらし、冷静さを失っているのと同じ状態になることもあります。

 そのスタッフがどんなにいい人であっても、
人間なので、ちょっとした加減で、間がわるかったり、
上手くいかなかったり、すれ違ったりということはあり、
それで患者さんへの誤解がおこったりすることもあると思います。

 スタッフ同士の打ち合わせでも、
スタッフルームの中とか、患者様の聞いていないところで噂をしているから、患者様ご自身には分からないだろうと思うのは、完全に間違いで、
人は、自分の悪口やウワサ話に敏感で、
それがどこで話されていることであっても、分かってしまうものだと思います。
(ほぼ超能力にちかいぐらい(笑)、でも実際に、多くの人が分かってしまうもの)

 医療の情報の共有は、伝言ゲーム。
伝わってきた情報は、鵜呑みにしない。
その自覚をもって、接すると、いいと思いました。