実は、スゴイ。 ワンタフトブラシ。

 ワンタフトブラシは、歯ブラシで落ちにくい歯垢を落とすことができます。



 ワンタフトブラシは、その名の通り、ワン(一つ)のタフト(毛束)。
磨ける範囲も、狭く、少しだけで、ちょこちょこしていて、

どうにも、シャラくさい!
(個人的感想(笑))

こんなの、使っていられるか!
(今日は特別、荒れております。(笑))

とも言われかねない感じでも、ありますが、
(誰も言ってませんが(笑))

 でも、それが、どんなに凄いかを知ると、一転、
使わないのは、もったいないと思うかも知れません。

 実は、ワンタフトブラシは、歯ブラシの届かないところに、

ピッタリです。

歯頸部をサーッと一巡すれば、
歯垢が取れ、
歯周病を防げ、
もしかしたら、脳梗塞も、心筋梗塞も、予防できるかも。

 歯ブラシは、とても良い、清掃道具ですが、
歯ブラシで、歯を磨くには、テクニックが必要で、
工夫して磨かなければ、磨き残しがでます。

例えば歯ブラシを歯に当てて、当たる範囲は、青い線の部分だけ。
ここから、細かく動かしたり、角度をつけたりしなければ、磨き残しが出ます。





青い線の横の、赤い三角部分は、とても磨き残しやすい所、

なのですが、

この、歯ブラシだけでは歯垢の残りがちな、赤い三角の部分に、ワンタフトブラシは、ピッタリと当たります。




 さらに、ブラシの毛先は、毛先の断面が、歯面に当たった時に、
歯垢が落ちやすいので、

 歯ブラシを使って、歯を磨くときには、
なるべく、この毛先が歯面に当たるように、
磨く患者様ご自身が、気をつけて当てていただく必要があるのですが、
(上手く当たらないと、磨き残しがでやすいです)


 ワンタフトブラシの毛先は、360度、毛先の断面が歯面に当たるようにカットされていて、


 磨き手が、あえて角度を気にしなくても、
ただ、ワンタフトブラシの毛を、歯面につけただけで、
勝手に、毛先の断面が歯面に直接当たり、歯垢が取れるように出来ています。

角度を気にせず、歯頸部(赤いピンクの線の部分)をサーッと一巡して、
ワンタフトブラシでなぞるといいと思います。



 ワンタフトブラシは、
とにかく、作りが優秀で、
使う人が、適当な当て方をしても、
毛先が、確実に歯面の歯垢をとらえる角度に当たってくれる。

また、毛束が一つだけで、連続していないため、歯ブラシのように連続して連なる毛束に歯ぐきが擦られ続ける、ということがなく、歯ぐきが擦り減るとうの弊害が、でにくいと思います。

こんなに小さいのに、なんて優秀なんだ!
と思うほどです。(笑)

使う人に技術を、求めず、
自ら、歯垢を取る角度で当たっていく、ワンタフトブラシに、
ちょっと感動するわけですが、

歯垢は、歯面に対して、毛先の面が直接ついたときに歯垢が取れやすく、
毛先が、歯面に90度にちかく接着すると、
この毛先の断面が、歯面につくときに、歯垢が落ちる、という感じです。

 ワンタフトブラシは小さくて、磨ける範囲が狭いので、
歯頸部(ピンクのラインのところ)を、一巡させる間も、
他のところにブラシの毛先が届くわけではなく、

全体的に磨けた、という感じないのが物足りなくて、
もしかしたら、シャラクサイ!
(冒頭に戻りました(笑))
と思ってしまうかもしれませんが、

単体で使うものではなく、歯ブラシ等と組み合わせてつかうことで、威力を発揮します。
これを一巡させるか、させないか?で、
本当に、歯垢の残り具合、歯ぐきの予後は違うので、
ぜひ、使ってみると、いいと思います。

この歯ブラシとワンタフトブラシの組み合わせで磨く方法、
歯科の先進国、といわれるスウェーデンで磨かれている方法で、
(友歯科衛生士さんは、行ったことないので未確認ですが(笑))
スウェーデン式歯みがき、というそうです。


関連記事
歯みがきしているのに「磨けていません」と言われてしまう理由。 歯ブラシで、歯垢を落とすコツと、方法。 「毛先の断面」を意識する。 「三面磨き」の方法。






関連記事
☆ 1. 歯周病とは。 心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化や糖尿病、関節炎、認知症など、全身疾患の発生率とも大きく関係します。

☆ 2. 歯周病の原因と対策。 歯周病の予防法、治療法。 歯垢(プラーク)とは。

☆ 3. ブラッシング指導。 「どこの歯垢を落とすことが大切なのか?」

☆ 4.「なぜ? 歯ブラシで、歯が磨けないのか?」 そして、「なぜ? 歯ブラシは大きく動かさず、細かくうごかすのか?」。 より確実に、歯が磨ける方法。

☆ 5. 歯磨きでの「磨き残し」は、「道具を選ぶこと」で磨けるようになります。 不器用さんでも大丈夫。 より確実に歯をみがける方法。 ブラッシング指導。

☆ 6. 磨き残しを回避する歯磨き法。 ワンタフトブラシを使う「スウェーデン磨き」。

☆ 7. ブラッシング指導。 5~6分でも磨ける。 より確実にキレイに磨ける簡単な歯磨き。

スゴい、歯科アイテム。

☆ 「なぜ? フロスは凄いのか?」 歯と歯の間の歯垢が取れる、だけじゃない、スーパー、すごいフロス。 ホルダー付きならカンタン。

☆ 実は、スゴイ。 ワンタフトブラシ。

☆ 歯間ブラシか? フロスか? どちらを使うのか? 歯間ブラシとフロスの違い。

☆ ワンタフトブラシの使い方。 スウェーデン式歯みがき 方法。

☆ 歯間ブラシの使い方。 おすすめ歯間ブラシ。(テペ歯間ブラシ)

☆ 歯みがきしているのに「磨けていません」と言われてしまう理由。 歯ブラシで、歯垢を落とすコツと、方法。 「毛先の断面」を意識する。 「三面磨き」の方法。

記事 今ならなんと、読み放題。