『バトラー#211 #200 歯ブラシ』歯科医院歯ブラシ。使用所感。 「かため」の歯ブラシが欲しい!と思っている方に、しっかりとした毛先の歯ブラシ。

 バトラー#211は、主に歯科医院で取り扱われており、

かたさは、「ふつう」でも、しっかりと弾力があって、いわゆる磨きごたえのある感触があります。

 いつの頃からか、市場から消えた、歯ブラシの「かため」。

 歯科衛生士さんに質問しても、
「「かため」の歯ブラシは弊害が出やすいです、やめましょう」と、言われるばかり。(笑)

でも、「かため」の歯ブラシが欲しいと思う方は、多くいらっしゃると思います。

(「かため」の歯ブラシが、なぜ?市場から消えたのか?の考察記事、別サイトで書きました。『『友歯科衛生士の「長く、歯を残すためのサイト」』。 歯ブラシの硬さはどれを使ったらいいのか? 「かため」の歯ブラシの考察。 メリットとデメリット。 かための歯ブラシは、プロ仕様。 (長文)」』)

 歯ブラシの「かたさ」は、三段階。
「やわらかめ、ふつう、かため」でしょ!

という時代を知っている方も、
そうでないお若い方も、
(友歯科衛生士さんも、知っている世代。(笑))
今は、売り場であまり見なくなった「かため」の歯ブラシ。

 今まで、当然のように売っていたものが、急になくなる、
物足りない、さみしい感じは、
分かる方が多いかもしれません。

 「かため」の歯ブラシは、歯磨きの仕方によって、歯ぐきの擦り減りなどの弊害が出やすい、という対策のために仕方ない部分もあるのかもしれませんが、
毛先でしっかり、歯面の歯垢をとらえる、
「ココ磨いてます」という感じの(笑)、感触のしっかりした、「かため」の歯ブラシを求める方には、
「ふつう」のかたさでも、昔からある歯ブラシ、
バトラー#211や、プロステックあたりが、「かため」の感じにちかいと思います。

 さて、そんなバトラー#211歯ブラシですが、
こちらです。




ヘッドは、小さめ。
計ったら、植毛部分は、縦22㎜、幅6㎜でした。





 え? フツーの歯ブラシに見えますけれど…、とお思いの皆さま。

バトラー#211は、本当にスタンダードな形。
持ち手の部分の柄もフツーで、植毛部分にも、見た目に変わったとことがない、
と、思われるのですが、

実は、バトラー#211の特徴は、毛、そのもの。
毛の弾力、毛先で歯垢をとらえる力が、素晴らしい。
「歯垢を搔きとる」感触というか、
毛先を、歯面に当てて、そのまま揺らす、ときの感触が、
非常にしっかりとしていて、
まさに、「歯垢取ってます」、という感じ。(笑)
ぜひ、毛を開かせない優しい圧で(ただ、持っているだけで、力を入れず、ただ当てる、触っているだけ、という優しい圧で)、
ブラシの毛の弾力を手に感じながら、毛先を移動させずに、その場で優しく揺らして、
使っていただきたい。
(「毛先の位置を移動させずに、その場で揺らす」磨き方の記事は、コチラ。『歯みがきしているのに「磨けていません」と言われてしまう理由。 歯ブラシで、歯垢を落とすコツと、方法。』)

それで、十分、歯垢は取れると思います。

 さて、この歯ブラシは、ジョン・オスカー・バトラー歯科医師が、
自ら、磨きやすいブラシを開発して、
歯科医師相手に発売したところから、
1923年にバトラー社(John O.Butler Company)設立、その後、事業は広がりドラックストア販売、1980年代には海外にも販路を伸ばしました。

私も、若かりし頃、バトラー#211を、とても磨きやすい歯ブラシと認識していて、
当時かなり王道的な、有名な歯ブラシだったと思います。
そんなレジェンドな歯ブラシ。

今は、日本の歯科製品メーカー、サンスターに買収され、子会社になって社名を変更。
アメリカ合衆国シカゴに本社を置く、サンスターアメリカインク (旧社名はJ・O・バトラー社)となっているそうです。

 バトラー#211は、毛先を「テーパード・サテナイズド加工」しているそうで、

テーパー・サテナイズド加工って何?
という感じですが(笑)、

バトラー歯科医師が開発した技術で、1本1本の毛先を丸く、さらに先細く削っていくテパード加工と、
プラーク除去効果を高めるために、毛先の表面をザラザラにしたサテナイズド加工のことで、これにより、歯周ポケット(歯肉溝)内の歯垢を、より落としやすく作られているそうです。

 使っていると、たしかに、歯ブラシの毛先が、歯垢をひっかけるようにとらえて、
歯面から剥がす感じがして、
長年、プロフェッショナルに選ばれてきた実力を感じる歯ブラシとなっていると思います。

ちなみに、歯に対して45度の角度に歯ブラシを当て、歯周ポケット内の歯垢を落とすように磨く、バス法という磨き方があるのですが、
このバス法の提唱者であるバス歯科医師が、バス法のために開発したハブラシとフロスが、現在も販売されている「バトラーハブラシ#300」「バトラーデンタルフロス#850PJ」で、サンスターからでています。

 「かため」の歯ブラシが、市場から消えたのは、
力を入れたり、大きく動かして磨くなどしたとき、
歯ぐきが擦り減るなどの弊害が出やすいから。
それを回避するために、やわらかいブラシを使いましょう → かたい歯ブラシは作りません、という流れになったようです。

 たしかに、歯ブラシは、力を入れないように、大きく動かさように、など、気をつけなければ、弊害もでやすいので、
歯科医院で、歯科医師、歯科衛生士の直接の指導の下に、正しくお使いください。
また、定期的に歯科医院の検診を受け、歯科医師の指示に従っていただきたいと思います。



☆ 1. 歯周病とは。 心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化や糖尿病、関節炎、認知症など、全身疾患の発生率とも大きく関係します。

☆ 2. 歯周病の原因と対策。 歯周病の予防法、治療法。 歯垢(プラーク)とは。

☆ 3. ブラッシング指導。 「どこの歯垢を落とすことが大切なのか?」

☆ 4.「なぜ? 歯ブラシで、歯が磨けないのか?」 そして、「なぜ? 歯ブラシは大きく動かさず、細かくうごかすのか?」。 より確実に、歯が磨ける方法。

☆ 5. 歯磨きでの「磨き残し」は、「道具を選ぶこと」で磨けるようになります。 不器用さんでも大丈夫。 より確実に歯をみがける方法。 ブラッシング指導。

☆ 6. 磨き残しを回避する歯磨き法。 ワンタフトブラシを使う「スウェーデン磨き」。

☆ 7. ブラッシング指導。 5~6分でも磨ける。 より確実にキレイに磨ける簡単な歯磨き。


スゴい、歯科アイテム。

☆ 「なぜ? フロスは凄いのか?」 歯と歯の間の歯垢が取れる、だけじゃない、スーパー、すごいフロス。 ホルダー付きならカンタン。

☆ 実は、スゴイ。 ワンタフトブラシ。

☆ 歯間ブラシか? フロスか? どちらを使うのか? 歯間ブラシとフロスの違い。

☆ ワンタフトブラシの使い方。 スウェーデン式歯みがき 方法。

☆ 歯間ブラシの使い方。 おすすめ歯間ブラシ。(テペ歯間ブラシ)

☆ 歯みがきしているのに「磨けていません」と言われてしまう理由。 歯ブラシで、歯垢を落とすコツと、方法。 「毛先の断面」を意識する。 「三面磨き」の方法。

歯ブラシ等 使用所感
☆ 『GC ルシェロ 歯ブラシ B-20M ピセラ(ふつう)』使用所感。 ワンタフトブラシがない時にも、隅々まで行き届く、歯ブラシ。


記事 今ならなんと、読み放題。