人つき合いが上手な人の特徴。人間関係が上手くいくコツ。  

 人つき合いが上手な人、
私も同年代の女子、何人か頭に浮かんでいるのですが、
まず、全員、身なりに気をつかう。

特別オシャレというよりも、いつも、清楚っぽくさりげなく身なりに気をつかっている感じで、
目を引くオシャレというより、奇をてらわない感じですが、
今日はどうしたの? と全く身なりを気にしていないな、と感じさせる日はなく、
いつも安定して素敵な感じです。

 そしてそれぞれみんな、気さくでフレンドリー。

 人と話すときに、緊張がないというか、
硬さがなく、質問したり答えたりが自然にできている、ようにみえる。

こう書くと、普通の人も自然に出来ているので、
何が違うの?ということになるのですが、
何というか、人づき合いが苦手な人と比べて、
話すときに「これを話すと、相手は自分のことをどう思うかな?」てきなことを、
全く考えずに話す感じ、
そこらへんが自然で、
警戒心なく気軽に話しかけてくれている感じがする。

でも、そんな気軽なようでいながら、
実はけっこう気をつかっていたり、気遣いがあったり、
子供の頃に転勤が多くて、どこでもすぐ馴染んでいかなければならない環境から、
友達作りが上手になったと言っていたり、
一人っ子で寂しかったので、外ではすぐ一緒にいる友達を見つけていたり、
それぞれに努力して、
多くの人達と仲の良い人間関係を築いているのが、
お話を聞くと分かって、そうだったんだ!という驚きだったりします。

 人間関係が上手くいかない人の特徴の中で、

自分から引いてしまう(遠慮してしまう)、というか、
(どうせ私は人と上手くいかないから、)
一人でいいの、というか、
一人がいいの、ぐらいの勢いで、
皆と仲良くできることに対して、自分から身を引いて、孤独の穴倉のほうに入られてしまう方がいらっしゃるのですが、
(みんなと予定を合わせて一緒に行かず、私はいいのと、参加しない、など)

そういうところがなく、
一緒に行こうよ~、ぐらいな感じ。

 人間関係が上手くいかない、そのほんとうの理由は、

「上手くいかないと思っているから」、ということもあるように思います。

相手が自分に好感を持って接してくれる、ということを信じ切れずに、
遠慮しすぎて、
差し伸べられた手を払いのけてしまう、というか。

もしかしたら、
自分自身が上手くいかない、と思い込んでいて、そういう人を拒否ってしまうような言動をしていることもあるかも。

 ということで、

 人間関係、人づき合いを上手にしたいなと思ったら、

「(人間関係が上手に)出来る人は、出来る人の感覚をつかみ、
出来ると思って行動している」、と知り、
その感覚をつかむように努力してみる。

 もし自分が、人間関係得意な人だったら?
と想定して、気持ちの中で、少しその人になり切って行動してみてもいいかも。

できるようになる、と想定すると、
できるようになる。

まず、自分ができるようになった、と信じて、
人付き合いが上手な人のフリをしてみる。
出来る人のマネをしてみる。

そうしながら、陰で必死にいろいろな人間関係の本を読み、検索して勉強して、実践する。

学んでいくと、意外とノウハウ。

精神的に引かなければ(遠慮しすぎなければ)上手くいく部分も多いように思います。