人間関係の成功パターンを覚える。 人の機嫌はとらない。 ルールを覚えて、うまくすれば、上手くいくそうです。

 いつも人間関係が上手くいかなくなる、と思ったら、
「いつも」のパターンを分析して、変える。

いつも上手くいかなくなるのには、理由があり、
人間関係のノウハウを知らないだけということが多いので、

自分でそのパターンを変えると、上手くいく。

人間関係の「成功パターン」を覚えるといいようです。

 出会ってすぐに人と上手くいかなくなる、
少したってから上手くいかなくなる、
などそれぞれのパターンで、

例えば出会ってすぐに、そういう(人から違和感を持たれる、嫌われる)行動をとっているから上手くいかなくなっている、とか
仲良くなって少し経ってから不仲になるなら、
いつもしてもらったことのお礼やお返しができていない、とか、
(いつも何かをもらう一方、とか、お茶を淹れてもらってばかりなど)
まず、どこで上手くいかなくなっているのか?
そこから分析すると、いいかもしれません。

決して、その人が悪い人だとか、
悪いことを考えているから上手くいかないというわけではなく、
本当に良い方なのに、接し方がヘタで上手くいかなくて損をしている、と思う方も多く、

人から嫌われて辛い思いをしている方もいらっしゃると思いますが、
周りを変えるには、
まず自分から。

最初に、自分の内面で何を思っているか(善意)よりも、
自分の見かけと、行動を冷静に見直すのがいいかもしれません。

 東大出身で、明治大学教授、教育学者の齋藤孝先生の本で、
教育というと、分からないことを一から教えていき、順番に教えて出来るようにすること、と思われますが、
実はそうではなく、その人の持つ「成功パターンに当てはめられる」ように
すること、というような文章を読んだことがあります。

一人、自分と上手くいく成功パターンがあれば、
次回から、そのパターンで人と付き合い始める。
という感じだったり、

相手や周りの人が自分に対してしてくれることに対して、
自分がお礼やお返しができていたか確認したり、

人がホッとするような表情、笑顔で接していたか、
相手の話に対して、大きくうなずいたり、返事をしながら、聞いていることをしっかり相手に伝わるように表現していたか、
などを振り返ってみるといいかもしれません。

相手のいうことをいつも否定したり、話の腰を折ったりして、会話がスムーズにできなかったり、言いたいことが言えなくてお話しても楽しくなかったということもあるかもしれません。


細かいセリフや設定でなく、
大枠で考えてパターンを覚えていく感じ。

自信がなければ、無理に話さず、言いたいことの半分も言わない感じの方が、
はじめは上手くいくかも。
心の中にあることをそのまま口に出すと、
相手から敵対されたり、バカにされたり、トラブルのもとになる、と思うなら、
最初はあまり何も言わず(負の判断材料を与えず?)、相手に合わせて相づちを打っておき、
相手に「こういう人」と想像させると、
身なりさえ小綺麗にしておけば、だいたい良い方向に想像してくれることが多いかもしれません。

 今まで人間関係が上手くいかなかった方は、
いつもこうなる、と思っているなら、
「人間関係が上手くいかない言動」をしている可能性があり、

本人は人間関係が良くしよう、と思ってしている行為が、逆。

 また、人と上手くいかない人にありがちなのは、

相手の機嫌を知るように、顔をみて表情を確認する。

(「人の機嫌を取って、自分の機嫌を取らない」のが良くないそうで、
自分が上機嫌でいるために、不機嫌な人の機嫌取りはせず、近づかないことも大切。)

 なので、

人の顔いろを見ない。

探るように見ている視線は、相手に分かります。

その表情で、こちらの顔色を見られると、
(何もなくても)ムスッとしてしまいたくなるのが人情、と知り、

そのしちゃいけない視線を、連発。
これが多ければ多いほど、嫌われる?(機嫌を取ってくれる人だとカモにされる?)感じかもしれません。

なので、相手の顔色を見たくなったら我慢、
全然違う、話しかけるような視線でみるならみる。
(探るような視線ではなく、意思を持って話しかけている強い視線。)
決して人の機嫌を取らない。
(機嫌をとってくれる人だと思うと、何度も不機嫌な顔を見せて、機嫌を取ってもらおうとされる率高し。)

 人と話していると毎日、学ぶことがあると思いますが、
人と接して、上手くいかなかったら、上手くいかなかったことに気づいて、
次はこうしてみよう、と考えていくと、
成功パターンを覚えて、いろいろな人に当てはめ、上手く関係を築きやすくなるようです。

 人は意外と、過去ではなく現在に生きている存在なので、
自分が変わると周りの反応も変わってくる、
また、変わって来なければ、逃げられるなら逃げることも大切。

今、人間関係が上手くいかないかたも、これから良くなっていくことがあるので、
(嫌で逃げたいところなら、逃げるのもいいと思います。)
また、絶対その人と仲良くならないといけないのか、というと、
考えたら、そんなこともなかったな(笑)、と思うことが多いと思うので、
とにかく自分の心が明るくなるように生活する、行動する、持っていくのがいいようです。



外部リンク ユーチューブ
☆ 『斎藤一人さん 「【斎藤一人さん】「人間関係 サラッとやっつける」みんなに好かれる、それも正しい。嫌な奴とは付き合うな、それも正しい。一個づつ片づけるの。」』

☆ 『斎藤一人さん 「【斎藤一人さん】「人間関係がいつもうまくいかない人には特徴がある」」』

ブログ アーカイブ

人気の投稿