『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』坪田信貴 著。 滅多にないことだから本になったのだと思いますが、現実。 なぜ?できたか? のノウハウ。

 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』坪田信貴 著は、



ベストセラー本になり、有村架純さん主演で映画化もされました。



 偏差値40上げるのはまだしも、これを1年で成し遂げたことは、
さすがに奇跡。

スゴイと思います。

 読むと、著者の坪田信貴先生の塾に、子供を預けたいと思い、
まさに、塾の宣伝? という感じの本なのですが、(笑)

TOEIC試験で満点を取ったという先生で、
 現実にビリギャルこと、さやかちゃんを慶応大学に合格させた実力は本当なのだと思いました。

本を読むと、坪田先生がなぜ? ビリギャルを合格させられたか? が、分かる気がするのですが、大きな理由の一つは、

まず、「子供のせいにしない」。

本の冒頭に、「子供や部下だって、ダメな人間なんていないんです。 ただ、ダメな指導者がいるだけなんです」というようなことが書かれているのですが、

子供の成績が上がらないことを、
全て、子供の責任。 と、とらえてしまうと、
(本人にやる気がない、才能がない、という感じ)
先生の指導力は、必要ありません。

この子供の成績は、誰が指導しても上がらないのか?
と考え、絶対できるはずだと指導者自身が思いこむ。

その前提で、どうすれば子供の成績を伸ばしていくことが出来るのか、
自ら考え、受験の戦略を練る。

というような、
その緻密な計算があっての合格なのだと分かります。

いい指導者、いい先生、と感じさせるあたりは、
さすが塾の宣伝?
著者の思惑にまんまとハマるわけですが、(笑)

実際にここまで出来たことは、やはりすごいと思いました。

本には、巻末付録として「坪田式 人材育成のためのテクニック」が載っています。

(面白みもないと、子供もついてこない。)

その他にも、
小学校四年生の勉強から始める、
受験大学の問題から分析して、戦略を立てて勉強させる、
子供のやる気をいかに継続させるか、(自分には出来ないと)絶望させないか、等、

この本には、成績下位の子どもを、成績上位へと導くノウハウが、
散りばめられているように思いました。