「仕事」でも「精神的」なことでも、成功できるコツは一つ。 日本一の成功者が教える成功の方法。『斎藤一人さんのお話 「斎藤一人100回聞きシリーズ 「覚悟の話」』内容。 

 斎藤一人さんのユーチューブ。
【公式】斎藤一人100回聞きシリーズ 「覚悟の話」 には二話入っていました。

(斎藤一人さんは高納税額日本一、銀座まるかんの創業者です。)

自分なりのまとめですが、書き起こしました。
(自分用なので、正確に書き起こしているというわけではなく概要です。)

正確にはぜひ、斎藤一人さんのお話を聞かれてください。


 斎藤一人さんのユーチューブ。
【公式】斎藤一人100回聞きシリーズ 「覚悟の話」  の概要。


 大切な話なので100回聞いてください。

一話目。

 (よく講演などで)天国言葉。ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、ありがとう、許します、を言うんだよ、と話してるのですが、

時々、ちゃんと私言っています、とか、
ちゃんと言っているんだけど、言っていても、

今イチ、心が辛くなったり、否定的なことを考えてしまう、というご相談があったのですが、

 人というのは、悩みというのはなくならないんです。
お釈迦様は、すごい大天才で、人間的にも素晴らしく、心も最高な人なんですが、

悩みをなくそうと、難行苦行したのですが、
滝にも打たれ、断食もしたのだけど、悩みというのはなくならなかった。

そして、お釈迦様が難行苦行をした後に言った言葉は、「無駄である」。
人間の悩みは、難行苦行しようが無くならない。

で、何が言いたいかというと、
仏の顔って言うよね、いい顔してるよね。
「悩みがあっても良いんです。
無いような顔をしてください。」
悩みがあってもいいから、言葉から天国言葉をしゃべってください。
そして、いつも幸せそうにしていてください。

周りの人が「ああ、あなた幸せなんだ、良かったね」とみんな安心します。

嫌なことがあろうと、例えば部長から何か言われようが、
自分で受け止めて、絶対周りに出さないでください。
地獄言葉を吐かないでください。

よくそういうことすると、ストレスをたまるという人がいるんですけど、
ストレス、ためておいてください。
ストレスがたまると早死にするという人がいるんですけど、
死んじゃってください。

何が言いたいかというと、
だらだらだらだら長生きしながら地獄言葉を周りにまき散らすと、
周りが迷惑なんです。

徳を積むというのは、
嫌なことがあっても、絶対自分から外にはださない。
どんな嫌なことも自分で受け止めて、人に出すときはいい言葉、いい笑顔でしか絶対に出さないという覚悟なんです。
その覚悟をすると、初めてその人に奇跡が起きるんです。

みんなに奇跡が起きないのは、
あまりにも覚悟が足りないんです。

その(足りない)覚悟で奇跡は起きないよ。

今日から絶対に(自分は)、嫌なことがあっても人に出さないんだ、と決めてください。

クジャクというのは、サソリだとか毒虫だとか、毒蛇だとか、みんな食べちゃうの。
だけど、その毒に当たることもなく飲み込んで、鳥の中で一番きれいなの。
だから、今から私が言っているのは、クジャク明王の修行なの。

このことが分かって、
絶対今日から、私は何があっても幸せそうな顔をしているんだ、
幸せな言葉を話すんだ。
周りの人から、
「あなた苦労したことないでしょ」って言われたら自分の勝ちなの。
だって、顔とか言葉が、苦労に負けてないの。
だから嫌なことが起きようが何しようが、絶対顔に出さない人は、必ず苦労に負けない人なの。

だから、まず、覚悟しないとダメなの。
しっかり腹を決めて、やるぞと思った人に、
必ず奇跡が起きるの。

だから幸せになる覚悟をしなければいけないよ。
この覚悟が決まった時、明日からでも奇跡が起きるからね。
頑張ってやってください。
(そしてこの話)必ず、100回聞いてください。

斎藤一人さんのユーチューブ。
【公式】斎藤一人100回聞きシリーズ 「覚悟の話」 


二話目。 この話も100回聞いてください。

今から話す話は、究極的な話。
仕事の成功法則です。
精神的なことも成功します。
二つとも同じことです。

で、これが分かると、仕事でも絶対成功します。
それから精神的な成功もできます。

これが私がお弟子さんに教えていたことで、
究極的言うと、私が教えることはこのことしかないんです。
だからそのことをやってくださいね。

まず、みなさんが成功しない、心が幸せになれない理由はたった一つなんです。
それは「無」というものの使い方を知らない。

で、今から「無」というものの使い道を教えます。

 では簡単に、あなたがラーメン屋だとします。
(ラーメン屋でもなんでもいいですよ)、で、その時に、自分のお店を見渡して、
ここの売り上げを上げるのに、一円もかけずに、一銭もかけないで、お客さんを呼ぶ、そのアイデアを何個出せるか?
ということをまず考えてください。

一銭もかけない、タダで出来ること、と考えると、
まず、掃除をしようとか、味つけよくしようとか、愛想よくしようとか、貼り紙の文字を変えようとか、そういうことを考えます。
まず、それをやってみます。
近所の人に愛想よくしようとか、タダでできることがたくさんある。
そうすると、それだけで、
笑顔ってもっともっと良くなるんです。
「どこからみえたんですか?」と声をかけるだけでもいいです。
そういうタダでできることを徹底的にやってみる。
それで売り上げがどのくらい上がるか?

無というものがない人に、初めて無ができたときに、

じゃ、一万円であげるから、
一万円でお客さん呼ぶこと考えてごらんと言ったら、
じゃ、クーポン券だそうとか、ゆで卵一個あげようとか、トマトあげようとか、
それはなんでもいいのですが、
初めてその一万円の使い方が分かるんです。

で、無というものがない人間にお金を渡しても、基礎がないから、
一番仕事で大切なのは、無という笑顔とか、タダでできること。
で、タダできることをやっていない人にお金を渡すと、
そういう人が、
お店を直そうとか、よそでやっているとか、
無が使えない人に、お金を渡すと、無に戻るんです。
無というものの使い道が分かっていないんだということ。

そのことがしっかり分からないと仕事って出来ないよ。
だからお金出さずに知恵だしな、というか、
まずお金出さずに無というものが使えないといけないよ、ということ。


それから、今から精神的な話。
サラリーマンの人ね。

あの部長がうるさいこと言わなくなったら僕は幸せなんだとか、
車買えたら幸せなんです、ではなく、全く現状を変えないでください。
何も手に入れないでください。
部長が何を言っても、
「ボクは山の中で修行しているつもりなんです。部長の滝とか呼ばれているです。」
人に何を言われても、人に嫌なことを言わない修行なんだ、
あの人が嫌なことを言ってくれないと修行にならない。
僕のために言ってください。
今日も言ってください、明日も言ってください、
それでも私は同僚でも家に帰っても、絶対人に嫌なことを言わない、
そういう修行なんだと、

要は全く周りを変えずに、その会社でまず幸せになってください。
その環境で、幸せになってください。

それを、会社を変えたらいいとか、
何か買えたら幸せになるとか、何か手に入れたら幸せになると言うけれど、
そうしたら、また次のモノを手に入れなければいけない。
次々追いかけているうちに、あなた破産しちゃうかも分からないよ。
借金だらけになっちゃうかも分からない。
そうではなしに、
今のままで幸せ、何にもなくても幸せ、
それが分かれば、商売やっても幸せなの。
どこにいても幸せなの。
幸せを無から作りだせないといけないの。

商売をしても、そこを繁盛させる力というのは、無から生まれる。
無をちゃんと使いこなしてから、有を使わないとダメ。
だから何にもなくても幸せ、
車、軽一台買えたら幸せ。(ロールスロイスでなくても)
海の色は、どんな車でもロールスロイスから見ても、軽自動車からみても同じなんだよ。

仕事で無から有を生み出すだよ。
で、パーマやさんでも、なんでも、
私、無から有を産むアイデアが浮かばないのです、という人がいるんですけど、
お店の周りキレイにしようとか、愛想よくしようとか、パーマ屋さんだったらシチュー作ってだそうとか、
いろいろアイデアってでますよね。
他の人の店を見に行ってもいいんだよ。マネしてもいいんだよ。

で、もし本当にアイデアが出ないとしたら、
まず、自分のことを怠け者だと思ってください。怠けているんです。

そういう人が、絶対にアイデアをだせる方法を今から教えるからね。

もし、3日間のうちに無から有を生み出すアイデアを5つだしてください、
っていって、
もし、出さなかったら、あなた銃殺です、と言われたら、
銃向けられたら、あれもあります、これもありますって、1時間ぐらいで5つぐらい出る。
本当はだせるのに、怠けているんです。
必死でやるというのは、やらないと必ず死んじゃうと思えばいいんです。

あきんどというのは、小さくても経営者なんだよ。
経営者というのは、頭脳なんだよ。手足だけ動かしていてもダメなんだよ。
もう今日から経営者となったら、経営を勉強しなければいけないんだよ。それを腕一本でいく、というのは怠けているんだよ。
板前が料理が上手いのは当たり前、
パーマやさんが頭上手くできるのは当たり前なんだよ。
それだったらずっと職人でいな。

経営者になるということは、ちゃんとそのことを考えて、
人を使い、税金を納め、それで国が潤い、
はたらく人がそこに来て、若い人が就職して、それを見習うんだよ。
私もずいぶん弟子を取ろうと思いましたが、
弟子をとってもこれ以上教えることってないの。
最終的にあとは淡々とあなたがやり続けるしかないの。
やり続けられなくなったとき、
自分は頭が悪いんだじゃないよ。自分は怠けものなんだと思いな。
頭が悪いと思ったら、頭に失礼だからね。
脳細胞は同じだけついてるの。
銃殺するぞって言われたら、答えがあなた出せるんだよ。

だからやらなくてもいいの、やらなくてもいいけど、
自分が儲からないのは、自分が怠けものなんだ。
手足使うのはいいけど、頭使うのは嫌なんだ。
っていうふうに思ってください。
厳しいようだけど、プロの世界ってそういうものなの。

それから精神論やなんかもそうなの。
ああなってくれたらいい、こうなってくれたらいい、
うちの旦那がこうなればいい、奥さんがこうなればいい、

ならないよ。

それより、全く変わらなくていい。
あの人はあのままでいい、この人はこのままでいい、
自分の考え方を変えちゃえばいいんだ、
それが精神論だからね。

精神論は、あっち変えたい、こっち変えたいじゃないよ。
自分の心の持ち方を変えるということなの。

だから本当に、今日、部長の滝は今日降らないのかな?
一つの修行だと思っていれば、今まで嫌だと思っていたものが嬉しくてしょうがないの。
それが、俺は負けないぞ、いくら厳しくされても俺は負けないから、
よそで泣き言とか絶対言わないんだ。

「お宅の部長うるさいでしょう?」
いや、うるさくないですよ。
僕のために一所懸命言ってくれてありがたいと思っていますよ。
あのお説教聞かないと寂しいぐらいですよ、って言った時に、ものって変わるんだよ。

この前、部長30分ぐらい怒っていたけど、根性なくなったな。
1時間ぐらい頑張ってもらいたいな。

無というものの使い方が分かった時はじめて、有を活かせるんだよ。
無を使えない人間が最初から有を求めると、必ず無に返しちゃう。

若い人が、「お金がないんです」。
お金のありがたみが分からないからお金がないの。
「ひと月働いて2万円しか貯金できないんです」。
一年働いて24万円なんだっていう重みを知らないの。

だから神様がお前は重みを知れと言っているの、
そういうお金で、貯めたお金でお店を出すから、どんな小さなお店でも宝に見えるの。
この店潰したくないと思うの。
どんな場末でも人を呼ぼうと思うの。
お金がないんです、というけど少しずつ貯めるの。
少ししかたまらないんです、っていうけど、その少しずつ貯めている間にお金のありがたみが分かるの。
で、自分の場末の店にでも人が来てくれた時、心から有難いと思うの。
だから全部あなたのためになっているの。
今、無いことを活かしきってないの。
無を活かしきった時、初めて有が活きるんだよ。
あることだけを望むんじゃないよ、そしたら苦しくなるからね。
どうもありがとうございました長々聞いていただきまして。





ということで、斎藤一人さんのユーチューブ。
【公式】斎藤一人100回聞きシリーズ 「覚悟の話」の概要でした。

で、「自分が儲からないのは、自分は怠けものなんだ。」
という言葉が、切り取って下書きに残っていたのですが、このお話の中のどこかに入ります。(笑)
また聞かなければ、もはやどこに入れればいいか分かりませんが。(笑)
この言葉だけ残っていたので、
私に必要な言葉なんだと受け取りたいと思います。

この概要を書き起こすのには、何度も聞いて、書き取っていく感じなのですが、
けっこう時間がかかります。
でも、お陰様で、聞いているだけより、もう少し内容が理解できるように思います。

ああなんて、有難い。
(すべてを飲み込んで、有難い!(笑))

読み返すと、なるほど、と思いますが、
これを読んで、自分で活かしたいと思います。